2017-04

再確認 樋口マリノスの肝はFW 川崎戦感想

3-0勝利!!
得点者 勇蔵・伊藤・ボンバー
マン・オブ・ザ・マッチ 伊藤
 
久々にすか~っとする勝利だったね。
いずれの得点も良い時間に取れたし。
 
まぁ、相手の不調に助けられた勝利だったけど
それでも、勝ちは勝ち。
 
昨年の借りは少しは返せたかな?
中断期間前勝てて、気が楽になったわ。
 
<スタメン>
システムは4-2-3-1で、ボランチを富澤・三門コンビに変更。
戦い方を元に戻してきた。
 
マルキクラスのFWがいない今、原点回帰は難しいとは言ったが、相手があれだけ調子悪ければ話が違うね。
マークの緩かった伊藤はポスト・キープ・裏抜けが自由自在、縦横無尽に駆け回る
それにより周りも生きだした。
特に、学。あと、淳吾も危険な位置でプレーしていたね。
 
まぁ、改めて、樋口マリノスの肝はFWだということがはっきりした。

しかし、再度言うが、この日伊藤が活躍したのは、川崎DF陣のACLの連戦疲れが原因
川崎DF陣の集中力の無さと球際の弱さが顕著。
じゃなきゃ、伊藤が急に活躍できるわけがない。
状態が普通なJ1相手なら、元に戻るだろう。
 
<試合内容>
立ち上がりの悪い試合が続いたが、この日は比較的集中していた。
ただ、アクシデント的なもので、GKと1対1のピンチを迎えたが、哲のファインプレーで事なきを得る。
 
その後、だんだんと、伊藤のマークがゆるくなり、攻撃が活性化。
ただ、決定機までもっていけない。
だが、前半ラストチャンスに勇蔵がヘッドで先制。
 
見たか ザック!!この野郎!!
ってなゴール。
 
後半入っても、状態は変わらず。
マリノスペースで進み、学の突破から伊藤のゴールで突き放し。

最後は、ボンバーのファインゴール!!で3-0の勝利。
 
ただ、やはり、全体的に川崎の動きが鈍いことに尽きる。
攻めが単調で、自慢のショートパスもミスばっか。
前への推進力があるレナト選手をほぼ抑えたのはデカかったが、パンゾーが良かっただけでなく、疲れも原因。
 
<中断期間に向けて>
この勝利で原点回帰することが決まったと思う。
少し休んだら、シーズン前不足していた走りこみと前からの守備の徹底をキャンプでは行うだろう。
 
あとは、強力FWを獲得できるように祈るのみ

P.S 俊さん 胆のう炎で全治3週間
体を張って出続けてくれたことに感謝したい。
中断期間ゆっくり休んで、後半戦戻ってきてほしい。
  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/389-405ed615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (3)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR