2017-06

中断期間までの今季を振り返ってみて

昨年の2位&天皇杯優勝から一転、今季の成績はずこぶる悪い。
 
シーズン始まる前、5タイトル いや6タイトル目指しましょう!!で書いたように、個人的にあげた中断期間までのマリノス目標の3つ
 
①ゼロックス初制覇
②acl決勝トーナメント進出
③国内リーグ戦の好調な滑り出し 

 
いずれも達成できなかった。
あくまで、私個人が勝手に掲げた目標とはいえ、やはり、すべて達成できなかったのは印象悪い。
更に言えば、最終目標の世界制覇の夢も断たれた...

ゼロックスは調整試合の一面もあるので仕方がなく、ACLは力負けした部分もある。
が、リーグ戦 5勝2分6敗で負け越し 他のチームと1試合少ないとはいえ、12位
これについては非常にマズイ
 
負けた相手も、今季残留争いの中心に来そうな仙台・甲府。
そして相性の良かった埼スタで2006年以来8年ぶりの敗戦。
内容の良くないゲームも多く、樋口体制3年目に疑問を感じた。
 
数字で見ると、今の所、リーグ戦 13試合で得点13 失点10
 
守備に関しては、1試合平均1点以下に抑えており、守備陣は今年も健闘している。
今年は前からのプレスが効いているとは言い難いので、ボンバー・勇蔵・哲 3人の頑張りはやはり大きい。

一方、攻撃は点が取れてない
無得点試合試合は、リーグ戦半分近くの6試合。
そりゃ勝てない。
 
リーグ戦であげた13得点の内訳は、
伊藤 3点
淳吾・ボンバー・勇蔵 2点
藤田・俊輔・学・富澤 1点
 
リーグ戦3分の1消化して、この数字。
このままじゃ、伊藤が2桁得点行けるかどうかぐらい。
 
ACLまで広げても、ACL7得点の内訳は
学 3点
仁・伊藤・マチ・兵藤 1点

ACL+リーグ戦を合計しても、 伊藤・学が19試合中(出てない試合も含め)4点が最多得点者
5試合に1点しかゴールを奪うことのできる選手しかいない現状。

得点源となるエースがいたとは言い難い。 
さらに言えば、学はW杯後チームを去るかもしれないし...
 
たしかに、FW伊藤は頑張ってる。
シーズン前期待した以上に前線の守備はやるし、チームのために体を張れる選手だった。
この点については、シーズン前誤解していたようだった、この場を借りて謝罪したい。
  
ただ、得点能力とかの能力については、シーズン前イメージしたレベルの選手だった。
甲府戦、俊輔の鮮やかなスルーパスでGKと1対1の場面を外したシーンとか、
決めていれば...というのは何回かあった。
 
頑張りは認めるけど、得点力不足のこの状況では、やはり外人のFWが欲しいと感じてしまう。
 
ただ、マリノスは海外とのコネクションがほぼないようなので、外れ外人を連れてくる可能性は十分ある。
そういうことを考えると、伊藤のさらなる成長は必要だし、期待している。
 
しかし、マリノスのフロント陣
狙ってるのが、去年までG大阪にいたロチャ選手 
な~んて事がマジありえそうなので、怖い。
 
もちろん、現時点ではロチャ選手獲得の噂すらないけど、日本に来た経験があって、そこそこ活躍した選手ぐらいしかターゲットの中になさそうなので、あながち無くもない。
  
頼むからまともな外人FW連れてきてくれ!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/392-e91bfea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム