2017-10

W杯からJリーグへ引き込みたい

負けたらほぼ終わりの運命のギリシャ戦まで残りわずか。
ここまで来たら、とりあえず思い切ってやって欲しい。
勇蔵のようなパワー系DF不在のメンバー構成では守り切るサッカーは無理なわけけだし
 
頑張れ!!
 
しかし、いまだに引っかかってるのは、
負けたのに渋谷でハイタッチしている人たちは日本が負けて悔しくないのか?
っていうこと。
 
勝ったときにそのエネルギーは取っておくべき。
ギリシャ戦勝利したら、他人に迷惑かけない程度で喜べばいいじゃない。
 
やっぱ自分には理解できない。
もし、去年の最終節後そんなことするマリサポいたら、ホントにありえないと思う。
チームの勝利に対する気持ちの入れ方が違うと改めて感じる。
 
ただ、スポーツ観戦で、普段の生活にたまった鬱憤を晴らすというのは、わからんでもない。
やっぱ、ゴール・勝利の瞬間はたまらないものがあるし。
 
今回、みんなと一緒にサッカー見て楽しいと思ったなら、ぜひともお近くのJのスタジアムに来て欲しいね。
スタジアム内なら大声をあげても基本的にOKだし、ハイタッチもOK。
 
しかし、W杯の時期になると、「にわかサッカー通」が増えるね。
もちろん、最初はだれでも、「にわか」
これを機に定期的にサッカー場へ足を運ぶようになればいいのだが...
 
まぁ、渋谷で騒いぐ大半は、祭りに飛び入りして騒ぐタイプ。
前後の面倒なことはしたがらない+盛り上がればサッカーじゃなくてもいい連中だとは思うけどさ。
 
なんとか今後、Jリーグの観客を増やすためにも、海外サッカーしか見ない、代表しか見ない人に
サッカーが生活の中にある感覚・楽しさ
を本当の意味で知って欲しいよね。
 
週末、チームの勝敗で一喜一憂する生活。
勝てば一周間元気に、負ければ...を繰り返す。
そして、金曜日応援番組なんかを見て気持ちを高め、週末の試合を楽しみにする。
 
また、アウェイ遠征する時は、小旅行気分を味わえる。
現地で何食べるかとか計画を立てる楽しみもまたいい。
 
現場に行き、金を落とし、応援することで、我々も日本サッカー文化の一部を支え、作っていく。
 
もちろん、良い時ばかりは続かない
 
基本は、生まれ育った地域のチームを応援することになる。
強いチームもあれば、弱いチームもあるだろう。
大型連敗・さらには降格なんてことも。
 
それに、好きな選手の退団・ベテラン切り...
自分の力ではどうしょうもないことだらけ。
ただ、それでも熱の増減はあるにせよ、一生応援する「心のクラブ」は変わらない。
 
これが、サッカーのある生活ってもん。
 
一方、海外ファンは、縁もゆかりもないチームを、ただ強いからや所属してる選手のファンで応援しているだけ。
それで、うちのバルサはなんて語っているの見るとね...
虚しくない?
特定の選手がいなくなれば見なくなるし、弱くなりゃ現実放映されなくなるでしょ。
 
J3までできて、だいたいの県にJのチームはある。
日本代表が応援できるんだから、自分が生まれ育った県のチームに愛着もってもいいんじゃないの。
 
とは言ったものの、現状Jリーグを我慢してみろとはいえない。 
 
エンターテイメントとして、まだまだ、Jリーグはチャンピオンズリーグクラスと比べれば、レベルの差はある。
シュートレンジの狭さ・当たりの激しさなんか物足りなく思えるかもしれない。
それにサッカーはミスが多いスポーツ、レベルが下がるほど、素人でもわかるミスがでてしまう。 
さらに、行きにくい・見にくいスタジアム等のハード面の問題もあるしね。 
 
普段の生活が大変なのに、弱いチームを応援して、フラストレーション溜めたくない、そこまでのめり込みたくない。
だから、国内サッカーは、たまに代表見ればいいという感じ。
そもそも、国民の大半がサッカーが大好きってほどでもないのが実情だから...
 
Jには、TVでは味わえないものや日常生活の中にあるサッカーの楽しみがあるんだけどさ。
中々伝わらないよね。
 
まぁ連続ドラマ派とハリウッド映画派の違いかな。
ただ、Jを見てれば、去年の東アジア杯なんてもっと楽しめたと思うんだよね。
 
しかし、なにかにつけて「Jリーグは、海外のサッカーと比べてなんちゃら」っていう上から目線な奴は好かん。
 
すぐ馬鹿にするでしょ、Jリーグを。そんなに見たこともない奴にかぎって言うよね。
Jリーガーになれなかった奴がいうなよって思う。 
 
そもそも、コートジボワール戦でゴールを決めた本田選手だって、名古屋グランパスで初めてプロになった。
その事実を知らない、忘れてる人があまりに多い。
名古屋に住んでる人は、グランパスをもっと誇りにしていいんじゃないか?
 
あと、「Jなんか行かず、すぐ海外行け」というが、
伊藤翔がいい例で、高校卒業後、いきなり海外に行っても中々活躍するのは難しいよ。
高校・ユースのサッカーのレベルがもっと上がれば別だが、基本は、一歩ずつ段階を踏んで進むしかないぜ。
 
Jリーグがあるから代表がある。
そこを忘れないでほしい。
 
Jリーグが生まれなければ、日本のスポーツ界は野球に支配され、サッカーはマイナーなスポーツのまま。
海外サッカーを見る環境が今ほど整ったとは思えないしね。
  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/403-66264e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム