2017-10

まだ諦めてない

W杯、前半途中から一人少なくなったギリシャ相手に引き分け
学 出番なし
 
俊敏性に欠け、空中戦が強いギリシャを崩すならパワープレーやハイボールのクロスではないはずなのだが...
 
後半足がとまり、引き分け狙いでゴール前を固める展開は、まさに、W杯始まる前から学が出るとしたらという条件そのもの。
後半20分ぐらいから期待して待っていたが...
 
非常に悔しい
 
香川選手が途中交代で出場した時点で、厳しいとは薄々気づいてはいた。
ただ、交代枠一枚残し、そして捨てたはずのパワープレー作戦をやられるとがっかりする。
どうして学を選んだのだろう?
 
この展開で出ないで、いつ出るんだという試合。
学が点取るイメージやPKを奪うイメージはあったんだけどな。
たぶん、マリサポならみんな思ったはず。
もったいない。
 
マリサポ抜きにしても、ドリブラーを投入しないのは疑問。
まぁ、出れずに悔しいのは、他の控えメンバーも同じなわけだけど。
うーん 
  
しかし、W杯は厳しい舞台。
相手も死に物狂いでやってくる。そう簡単には勝てない。
 
選手選考や采配に疑問を持つのはわかるが、
この結果を過度に失望してる人は甘く見過ぎじゃないかなと思う。
 
コートジボワール戦はまだしも、ギリシャ戦はそんなに悪くはなかった。
日本サッカーの目指すべき方向性の一部は見せたとは思う。
 
今更、岡田JAPANの頃のような戦いをしろという意見もでているが、少しナンセンスだと思う。 
あの戦い方が悪いとは言わないが、前回で十分なやり方。
 
そもそも今のメンバーじゃできないし。
それに、南アフリカ大会から進化した日本を見せなきゃ駄目でしょ。
 
まだ、厳しいとはいえ、突破の可能性は0%じゃない
ここで諦めるぐらいなら最初から応援しない方がいい。
批判は終わってからで十分じゃい。
 
学が日本を決勝トーナメントに連れて行ってくれると信じてる。
まだまだ、学が試合に出場し活躍するの諦めてないぜ。

 
メディア露出(一面、TV、CM、本の出版)
それに伴うファン層拡大、ユニフォーム売上増
さらに、活躍に対する移籍金高騰
 
色々こっそり期待してんのよね(笑)
 
まぁ、学に対する皮算用は抜きにして、
たとえ決勝トーナメント出れなくても、第一シードに勝てば、少なくともドイツ大会より進歩したと言えると思う。
やっぱ勝ってほしい。
 
それに、大半の日本人は勝利とひたむきな戦い以外求めてないし、日本らしいスタイルの確立とかどうでもいいはず。
今のままじゃ大衆からサッカーが見捨てられるぜ。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/405-7819bb1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム