2017-10

2トップの可能性

ラーフィーニャ 加入決定
 
ガンバ時代、他チームから研究されて通用しなくなり放出された経緯やプレースタイルを考えると、少々不安な部分もあるけど、入ったからには全力で応援する。
 
まぁ、得点能力の高さは期待できるかも。
自分のブログを見かえしてみて気付いたが、ガンバ時代の2011年リーグ戦マリノスから点を取ってた。
試合全体では消えてたけど、一瞬のすきをつかれ点を奪われたとの感想あり。
首位攻防戦で大事な同点ゴールを奪ってたことは評価に値する。
 
Kリーグで成長した姿をぜひ見せてほしい。
 
ただ、ガンバサポのブログ等を拝見する限り、ラフィーニャは2トップ向きとの印象を持っている方が多い。
当時とそのあたりが進化してなければ、今の1トップの戦い方じゃあまり機能しなさそう。
 
そうなると、2トップという戦い方も視野に入れておかなければいけなくなった。
 
正直、川崎戦の快勝で昨年までの4-2-3-1を貫く原点回帰の方向性で決まりだったはず。
伊藤の1トップでは少々力不足ということもあり、外人補強する予定じゃなかったのか。
なんかあれっ?
 
現状のFW陣を考えると、2トップでもいんんだけど、前半戦観る限りいまいちだった。
キャンプや中断期間中に2トップをおそらく試してなさそうだし。
うーん。
 
とりあえずは、2トップシステムにはしないとは思う。
もし、試合中にシステムチェンジするにしても、2トップなら中盤はおそらくダイヤモンド型。
トップ下俊輔の部分はなるべく変えたくないだろうからね。
 
ただ、ダイヤモンド型はバランスが難しい。
特に両翼の選手の運動量やポジショニングセンスが問われる。
そうなると、学や藤本ではなく、兵藤・三門が務める可能性は高い。
 
まぁ、2トップの話は抜きにしても、兵藤・三門が後半戦鍵を握ると思う。
今年機能していない前からのプレスの質を向上されうためにもね。
特に、三門 期待してるぜ。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/410-437fc7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム