2017-04

色々な可能性 C大阪戦 感想

現地行けず、今更ながらのC大阪戦の感想をさらっと。
 
C大阪戦 2-2 引き分け
得点者 オウンゴール・学
 
終始優勢で、逆転したのにもかかわらず、ロスタイム追いつかれての引き分けは痛い
 
失点時間も全後半終了間際で非常に良くない。
勝ち切れなかった
 
2失点目の中澤の対応が悔やまれる。
まぁ、相手GKとFWを褒めるしかない。
富澤・三門が怪我で、逃げ切り采配もできない。ベンチの喜田では、荷が重い。
 
ただ、今日はもう次の神戸戦当日なので、これ以上なことはネガティブは語りません。
でも、良かった点は多かったよね。
 
マリノスにしては珍しく、2試合連続で逆転できたし、決定機も多く作れた。
広島戦より全体的に運動量が多く、小椋のボール奪取が最後まで光った。
ラフィーニャも能力の片鱗を見せた。
学も好調をキープ、W杯を経て気迫が出てきた。
1トップから2トップへの試合途中のシステムチェンジも効果的。
 
これだけ、良い要素はある。
ポジティブに行きましょうよ
 
<次節に向けて>
正直、C大阪戦大勝しててもおかしくなかったが、引きずってても仕方がない。
 
今日の神戸戦はドゥトラのホーム最後の試合。
思いっきり爆発して欲しい!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/418-e5aad698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (3)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR