2017-10

マリノス アルディージャ戦 感想(TV観戦)

1-1引き分け冷や汗先制点も後半同点に追いつかれる。連勝ストップも、暫定ながら首位浮上わーい(嬉しい顔)Yeahexclamation ×2(ガンバの結果次第)

しかし、内容はほぼアルディージャペース。ここ最近ほぼ相手ペースバッド(下向き矢印)連戦により、特に中盤の運動量が激減ふらふら、相手にボールを回される。長谷川や森谷などの選手をスタメンに入れ替えるのも必要かも。最後は個々の力で物にしているが、そろそろ限界げっそり

たしかに、中澤らDF陣の1対1の強さ、俊輔のプレースキック、クナンの高さ、千真のシュート精度、大黒の動き出しなどで勝っている。この試合も俊輔のキック、飯倉の好セーブで引き分けにした。しかし、安定して戦っているかと言えば、そうでもない。

そもそも、去年から戦力が大幅に増えたわけではない。放出と新加入を比べると、裕介→パンゾー、松田→青山、河合→谷口、坂田→大黒、山瀬→小野の成長という風に基本的にはそんなに変わらない。(マツのキャプテンシーや谷口のダイナミックさなど微妙に違うが)ただ違うとしたらクナンの高さだけである。

クナンは後半出場からチームを救ってくれている。わーい(嬉しい顔)特にセットプレー時に俊輔がいれば、怖さが増す。後半点を取れるから、点を取られても安心してゲームができている。これは大きい。

ただ、クナンは復帰組のため、決してフロントの戦力補強が良かったわけではない(断言むかっ(怒り))だまされるな衝撃

優勝するには、左利きのアタッカーが必要だと思う。

(今日のCSの実況、大宮寄りだったが、面白いタイプだと感じた以上)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/43-7b95f107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム