2017-06

気合いのダービーマッチ 川崎戦感想

マリノス 2―0勝利
得点者 ラフィーニャ・兵藤
マンオブザマッチ 小椋
 
あんな事件が起きてしまった為、試合内容については書くのちょっと控えてました。
 
他のチームのサポーター等がマリサポは何考えてるんだと憤慨、そしてマリノス関連ブログをチェックする状況で、呑気に勝った勝ったと喜んでる文章はちょっとね。書く前に知ったので、触れざるを得ないし。
というわけで、反省の意を込めて謝罪のみを前回更新しました。
 
ただ、どういう試合だったか自分が後で確認出来る場にしているので、試合内容についても今更ながら、さらっと更新します。
試合そのものや試合をした監督・選手達には責任はないのでご了承を。
 
<試合内容>
選手達は気合いが入ってたね。
まぁ、気合いを入れなきゃいけない条件が満員の三ツ沢、神奈川ダービー、J2に敗れた汚名返上と揃ってたからだろう。
 
特に、小椋の球際
気合いが空回り気味で少し不安だったが、凄かった。
 
また、マチとの関係性もずいぶん改善されてきた。
ちょっと前まではマチがバランスをとるだけで存在感薄かったけど、最近は攻守に光ってきたね。
あとは、二人ともゴールを決めれれば文句なしなんだけどさ。
 
俊輔も運動量多かったなぁ
ただ、この運動量を求める戦い方で、試合の最後までもつのか?今後気になる。
 
しかし、開始早々に相手のハンドでPKを得て先制し、前半途中で相手が10人になったわりに苦戦したね。
コミや森谷、レナト選手に危ない場面を作られ、ひやりとさせられた。
 
後半、途中出場の兵藤が追加点を奪ってやっとほっとした。
まぁ、相変わらず兵藤はここぞで決めるね。
北九戦2ゴールをあげた藤本とのポジション争いが、いい感じで作用してるのかな。
 
両チームの選手の奮闘で白熱したゲームだっただけに、差別行為で後味悪いものになってしまったのは残念だ。
 
<次節に向けて>
3戦連発のラフィーニャが怪我で離脱。
痛いな
 
ラフィーニャありきの縦に速いサッカーで勝利を得てきただけに、ラフィーニャ不在は大きい。
タイプ的には、藤くんが一番近いタイプだけど、周りの選手達がそこまで信頼されてないのか、裏に抜け出すボールを引き出せてない。
北九戦で試した伊藤&藤田の2トップもあるのか?
 
更に学の状態も不安も...
 
相手は苦手・仙台、苦しい戦いになりそうだ。

P.S
小野裕二 試合復帰おめでとう!!!
残念ながら、チャンピオンズリーグ本選には出場ならなかったが、焦らず頑張って欲しい。
 
次はゴールという結果だね 
アギーレジャパン選出も期待している。
 
ってあーマリノス アギーレジャパン初陣招集0人
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/435-1e526c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム