2017-03

頭から点を取りに行け!!

ナビスコ杯準々決勝第1戦を1-2で落とし、もう後がない。
準決勝に行くには、引き分けや1-0勝利じゃ駄目になった。
 
前後半90分で複数得点取って勝ち切ることが最低でも必要。
つまり2点取ることが何よりも大事。
 
にもかかわらず、キクマリでは正治さんが慎重に様子見して入った方がいい的なニュアンスの発言をしていた。
正直違うと思う。
 
先制されても2点取らなきゃいけないのは変わらないから、守りより点を取りに行くべき。
もちろん2-0で延長にならずに勝つのがベターだけど、そう上手くいかないやろ。
 
ラフィーニャ・俊輔・マチ・勇蔵といった主力を欠く状態のマリノスが後ろ向きな入り方をして2点以上取れるのか?
再度言うが、1-0勝利や引き分けはこの一戦に関しては何の意味も持たない。
 
どう考えても頭から点取りにいかなきゃ駄目やろ。
2点取ってからが勝負じゃないかな。
 
そもそも、最近柏とは分が悪い原因は選手の差というより寧ろ監督の力量差
 
試合の中でチームを変化させることに長ける柏ネルシーニョ監督と試合中で修正できない、効果的な選手交代をすることができない樋口さんの差を毎回味わされてきた。
 
レアンドロ・ドミンゲス、ジョルジ・ワグネル、田中順也選手といったマリノスキラーともいえる選手達がチームを去ったにも関わらず相性悪いままな点もそれを裏付けている。
 
第1戦のハーフタイム俊輔から三門への交代なんか失敗だった。
逆に、ネルシーニョ監督がリーグ戦で見せた、日程の苦しさある中で2点差を追い付かせた采配や若手起用なんか敵ながら見事だった。

そんな監督の力量差を考えると、後手に回るより先手先手でいかなきゃ勝ち目はない
玉砕覚悟でも頭からガンガン行くしかない。
 
まぁ、そんなこんな最悪に近い状態であるが、個人的にこの逆境に燃えている
何かが変わるかもしれない瞬間に立ち会えるかもしれないという期待があるからかもしれない。
 
ラフィーニャ・俊輔・マチ・勇蔵とこれだけ出れない中で、さすがの樋口さんも若手を出さざるを得ない状況。
主力の影に隠れていた選手が奮起するチャンス
 
仁・アマジュン・優平・喜田、さらに松本翔あたりにも、もしかしたらチャンスはくるかもしれない。
誰かが活躍して準決勝に導き、樋口さんの若手不信を取り払ってくれれば、マリノスの未来につながる。
 
というわけで
藤田や矢島を出したら正直がっかりだし、この試合特に何も起きなければ、樋口さんは今シーズン限りで...
ってな気持ち。
 
<最後に>
下手すりゃ今年最後のタイトルがかかった真剣勝負の試合。
天皇杯と違い失うものは何もない。若手よ思い切ってやってくれ!!

 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/438-99110881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (187)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (5)
2017年 ルヴァン杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR