2017-07

今の限界 甲府戦感想

甲府戦 0-0引き分け
 
この試合の感想として、
放り込むだけでつまらない アンチフットボール 
という厳しい意見もあるだろう。
 
正直、このサッカーでは客が増えないかなとも思う。
が、つなぐだけがサッカーじゃないでしょ。
 
個人的には、今の自分たちの実力を過信せず、やれることをやりきったことに関しては評価したい。
前回対戦時みたいに、ちんたらボール回して終わるよりか全然まし。
シュートを積極的に打つとか、チーム全体のアグレッシブさは感じたし。

まぁ、ラフィ・俊輔・マチ不在、学不調でベンチじゃしょうがないかな。
 
ただ、このメンバーで放り込むサッカーをしても、J1下位のチームから点が奪えないし、勝てない。
柏とのナビ杯第二戦のやり方に近かったが、この試合でも流れから点が取れなかった。
結論としては、J1で通用しないサッカー×メンバー
 
ただ、決してこのやり方が悪いわけじゃない。
チャンスを得点に結び付けられない選手の力に問題がある。
 
この試合でも、矢島のシュートシーン・仁の突破は可能性はあった。
てゆーか仁 FWならあそこで逃げんなよ。
結果で樋口さんを見かえせよ。

 
柏戦でも、伊藤・奈良輪が枠内に入ってればというシーンもあったし、やっぱ間違いとは思えない。
チャンスが少ないっても、強引にチャンスを作りだせない非力さが悪い。
スピードやパワーでDFをなぎ倒せばいいだけ。
クロスの質をあげればいいだけ。

 
選手個人の実力がはっきりした。
まぁ、本当はそういう選手がいなくても崩せる策を樋口さんが授けるべきだけどね。
もう3年目なんだし。
 
柏戦の3トップ失敗の反省か、選手交代させながら攻め方を変化させようとしたのは悪くないが、結果的に選手達に浸透してない。学いるのに変わらずロングボール。あれなら、ファビオだったかな。
まぁ結果論だけど。
 
そもそも、このやり方に自信ないのか、いつもより交代めちゃ早っ
まぁ、俊輔いないと途端に交代早くなるよね。樋口さん。
 
けどさ、いつもマリノスがベストな布陣でボール保持できるわけじゃない。
優勝やACLを勝ち抜くには、放り込みサッカーや控えメンバーでも勝ちゲームにしなきゃいけない。
薄い選手層、高い理想では優勝できない。
 
来年、本当に優勝を目指すのならば、大きくメンバーを変えなきゃ無理かな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/447-76294da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム