2017-06

松本のJ1昇格と2ステージ制への不安

ミスターマリノス・松田直樹が最後にいたチームである松本山雅がJ1昇格決定。
マツの背番号3、そして想いを受け継いだ元マリノスのハユマが1年で見事故郷に恩返しした。
 
んなこともあり、マリノスに縁がある山雅はやはり気になるチーム
とりあえず昇格おめでとう。
 
しかし、マツがいた当時はJ2どころかJFL。
そこからたった数年でJ1昇格とは、恐れ入った。
やっぱ、ホームスタジアムの熱気がチームの力を底上げしてるんだろうね。
 
来シーズン戦えるのが楽しみ。アルウィンへ参戦したい。
けど、やっぱハユマには絶対負けたくないね
 
一方で、残念だったのが、ホームのアビスパ福岡
後輩の松本に簡単にJ1昇格を目の前で許してしまった。
 
まぁ、スカスカの観客席もそうだが、胸のスポンサーも見つからない状態じゃキツイわな。
ホームスタジアム・博多の森のネーミングスポンサーであるレベルファイブの大人気ゲーム「妖怪ウォッチ」の企画もアビスパじゃなく、FC東京とコラボするし...
 
それでも、NHKのBSでの放送もあった試合。
ホークスが日本一になった直後だし、福岡にアビスパもありって所を見せつけて欲しかった。
 
どうせ地元TV局の番組が一段と馬鹿みたいにホークス万歳・洗脳報道してるんだろうから余計に残念
 
ただ、そんな野球の日本シリーズ 関東では、そんなに盛り上がらなかった。
視聴率も一桁連発してたし。
両者関東圏のチームじゃないとはいえ、タイガースもホークスも人気ある方だったのにね。
 
この視聴率を見て、来季から始まるJリーグでの2ステージ制・チャンピオンシップ復活に不安が生じた。
 
日々手厚い報道されている野球がこんな状態。
Jリーグで二桁いけるか?
放映権料もたかがしれてる額になるかもね。
 
そもそも、自分のサポートするチームが出てない試合をがっつり見ない人多いでしょ
 
個人的には、天皇杯・ナビ杯決勝も暇なら見る程度で、無理しては見ない。
昔の鹿島VS磐田とか、マリノスVS浦和みたいな、誰もが認めるようなリーグを代表する強いチーム同士ならまだしもね。
 
1位の浦和でさえ、日本代表がフィールドプレーヤー0人。
Jにスター不在の今、知らない選手ばかりで一般の人見ないと思う。
 
J1昇格プレーオフとか、本当の「デッドorアライブ」な試合なら、レベル関係なく一般人にも受けると思うし、他チームのサポーターでもついつい見ちゃうだろうけどさ。
 
結論
国内全体で人気を得ようとする策はやはり厳しいと痛感した 日本シリーズ
逆に、地域密着をより徹底するべきと感じた 松本のJ1昇格

  
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/461-1f6e8cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム