2017-06

ミス多発も7位浮上 神戸戦 感想

神戸戦 2-1勝利!!
得点者 伊藤翔・兵藤
マン・オブ・ザ・マッチ 兵藤
 
勝ったものの、不満も残る試合だった。
やっぱ、あまりにもミスが多い。
 
俊輔のいない中盤は流動的で、相手も捕まえにくそうだった反面、パスがずれるシーン多い。
前からのプレスでの疲労・芝のコンディションを考慮してもさ。
ボール支配率高かったわりに、ゴールした時ぐらいしか決定機がなかった気もする。
 
もちろん、俊輔&ラフィーニャなしで複数得点奪えたことは評価するけどね。
藤本&優平 次は頼むよ。
 
一方、守備でも、危ないシーンはだいたいミスがらみ。
失点シーンも含めボンバーは2回ほど危険なミスを犯すし、下平も立ち上がり攻守でミスがあった。
 
特に、ボンバー
厳しいかもしれないが、試合に出ている以上は高いレベルは求めたい。
 
まだまだ、ボンバーには活躍して欲しいぜ。

出場している試合を一番多く自分が見た選手は、間違いなくボンバー。
その分特別な思い入れもある。
 
ただ、全盛期と比べて落ちてきているのは確実に感じる。 
が、それ以上に出来る限りマリノスで活躍して欲しい気持ちが強い。
どこまで高いレベルをある程度キープし続けられるか。 
 
まぁ、次の試合プレーで応えてくれるでしょ、ボンバーなら。
 
んなわけで、試合はミス多発だったわけだが、
そんな中でも勝てたのはボランチコンビの貢献が大きい。
 
ファビオ&兵藤は、本職ではないながらも、セカンドボールを確実に回収つづけ、主導権を手放さなかった。
あと、決勝点で見せた兵藤の飛び出しと冷静さにはしびれたね。
マチも復帰してきたが、このコンビのままで今シーズンは行きそうな気配がある。
 
<次節に向けて>
ホーム最終戦は、因縁の新潟。
去年の雪辱をはらしたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/467-3025b730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム