2017-05

マリノスの温情

松本翔がJ3山口へレンタル移籍することが決定。

残念
成長して帰ってきて欲しいな…


と言うのは、建前

厳しいことを言えば、高卒4年目で公式戦にまったく出場できなかったことを考えれば契約非更新されずによく済んだ。
まだチームから期待されているというか、温情をかけてもらったみたいなもんだ。

正直、レンタル移籍というのは解せないな。

最初に5年も契約していたとも思えないし、新卒時3年契約しその後新たに複数年契約を結んだというのも、J2下位の愛媛で試合に出れなかったことを考えるとありえない。

普通に考えれば、4年目の今季で契約が切れたはず。サカマガでも記載されてたしね。
にも関わらず、新たに契約結んでレンタル移籍なのか?

中盤に怪我人が多かった状況でチャンスすら与えられず、大卒1年目の選手にさえ負けた。
J1優勝を目指すマリノスが、J3で活躍したぐらいでレンタルバックさせるだろうか?

ユースからトップチームに引き上げた責任をとった温情レンタル移籍としか思えない。

結局の所、実積の少ない翔をわざわざA契約の最低年棒を払ってまで欲しいというチームが現れなかったから、完全移籍ではなく年棒を肩代わりするレンタル移籍になったんじゃないかな。

あくまで推測だけどね。

ここまで厳しいことを書いたけど、最初の『レンタル移籍は残念 帰ってきて欲しい』という言葉は嘘ではない。

FKに代表されるように技術は高いし、インタビューを見る感じ好感が持てる選手だからね。

そもそも、トップ昇格を勝ち取る理由になったと思われるJユース杯でのプレーは圧巻で、チームを優勝に導く活躍ぶりは既にトップチームで出場していた小野をも凌ぐものがあり、個人的にも将来を期待していた。

だから、松本翔をトップチームに昇格させた判断は間違っていたとは思わない。

ただ、プロとしてやっていっていくには、低身長という最大の弱点を覆すだけのプレーやフィジカルコンタクトの強さなりを身につけることができなかった。

山口では、最後のチャンスだと思ってプロとしてやっていける力を身につけて欲しいね。

<最後に>
人生何が正しいかは誰もわからない。

サッカーを辞めたあとの将来を考えると、早い段階で進路を替えることもあり。
プロとして厳しい判断を周りが下すことも、時に必要かもね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/489-35da2148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (190)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (6)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR