2017-10

新監督に丸投げ

マリノスの新体制発表会
大方の予想通りサプライズは起きず。

昨シーズンの課題を得点力不足と認識しているにも関わらず、フロントとして具体的な改善策を打ち出したわけでもなく、新監督の手腕に丸投げしたように見受けられた。

さらに言えば、新スローガンも抽象的な印象を強くさせ、ゴールシーンを流したのも今いるメンバーで大丈夫だと言わんばかり。

連動やチャンスの数を増やすことも大事だが、現実的に攻撃の最後の部分は個人の能力次第。
だからこそ、今回の補強に納得がいかない

おそらく、ラフィーニャが最初からいるから大丈夫と考えているのだろう。

ただ、昨年数試合の活躍だけでは判断材料としては少なすぎるし、昨年のように怪我をすることも十分ありえる。
どう考えても、ラフィーにかかる部分が大きすぎ

リスクマネジメントを考えたら、もう一枚計算できるFWを取りに行くべきだし、昨年川又選手を獲得に動いた時にはその考えはあったはず。

川又選手獲得に動いた当時 私は、
"良いFWを多く抱える名古屋がなぜ?"
"マリノスは、今いるメンバーを信じるべき"
と考えていた。

だが結果は、川又選手を獲得した名古屋がチームの立て直しに成功し、ラフィーを怪我で失ったマリノスが再び得点力不足に悩まされた。

まったくもって、リスクマネジメントができてない浅はかな考えだったと反省している。 だからこそ、フロントにも改めてもらいたいと感じている。

今後次第で補強をする考えはあるみたいだが、余程スーパーな外人でなければJ未経験の外人はフィットするのに時間がかかり、効果的でない場合が多い。
で、結局はJでプレイした経験のある選手に選択肢が限られてしまうことに。

G大阪のリンス選手みたいに、キャンプからいれば次第にフィットして、後半戦いい仕事する場合もあるのにね。

やはり、補強のポイントが明白ならば、最初から補強すべきでしょ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/493-549ec8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム