2017-06

哲也vs飯倉 2015

マリノス戦力診断の2回目は、GK編。

今年のGK陣は哲也・飯倉・鈴木・田口の4人で、全員ユース出身者という特徴がある。

ユース出身ばかりというのは、育成が成功した証で素晴らしいことではあるが、昨年セカンドGKを務めた六反が抜けたことは、非常に痛い。

飯倉と哲也が怪我なく1年戦えれば問題ないけど、層が薄くなってしまった。
若い鈴木・田口との実力差がはっきりしてるだけになぁ。

というわけで、今年のマリノス正GKのポジションは哲也と飯倉の争いになるのは間違いない。

けど開幕戦の正GKは恐らく哲也だろうね。
練習試合の松本戦先発GKは哲也だったし。

ただし、その松本戦に関してだが、モンさんはGKにビルドアップの部分も求めているのか、昨年に比べて哲のパスミス・キックの質の低さがより目立った気もした。
失点シーンのキャッチングミスも含め、哲の印象が悪くなったかもなぁ。

個人的には哲と飯倉の総合力に明確な差はないと思うし、キックの質は飯倉のが断然上

開幕までもう少し時間があるから、モンさんが最終的にどういう判断をするのか楽しみ。

<総合評価> B
やはり、六反の穴が心配。

<最後に>
個人的Jリーグ GKランキング
Sランク
G大阪・浦和・鳥栖
Aランク
広島・FC東京・名古屋
Bランク
鹿島・横浜・新潟
Cランク
川崎・柏・湘南
Dランク
神戸・甲府・山形
Eランク
仙台・松本・清水

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/504-f3b87a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (17)
2017年 ルヴァン杯 (8)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)
2017 天皇杯 (1)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム