2017-10

ラストチャンスにかけろ

日本代表新監督にハリルホジッチ氏が就任した。
アギーレ体制下では代表召集0人で終わったマリノスの選手達。
「仕切り直しでチャンスが増える」と燃えていてもおかしくない。

サポにしてみれば、代表の価値はクラブより低くいし、選ばれて怪我や不調につながったら困るとか考えちゃうけど、現役の選手達にとっては、代表は夢であり憧れの舞台であることは間違いない。
サッカー少年であった者なら誰もがそう思うから理解できる。

その夢をマリノスの選手が一人でも多く叶えて欲しい。
特に、今年30歳を迎える兵藤・パンゾー・マチの85年組にとって年齢的にラストチャンスだろうしね。

確かな実力を持ちながら、代表というものに縁がない85年組
兵藤やパンゾーはオランダで行われたワールドユース以来、世界の舞台や代表から遠ざかった。
同じ大会に出場した本田選手が五輪代表や海外移籍、フル代表の主軸に駆け上がったのを見て、悔しくないわけがない。

そんな85年組の中でも特に兵藤。
大卒から直接マリノスに入団してくれて、長年黒子としてチームを支えてくれた選手だし、個人的に思入れは強い。
兵藤の持つ運動量・献身性・利便性・サッカーIQの高さは、オシム系の哲学を持つ監督なら評価してくれるかもしれない。

正直、アギーレ体制が続けばチャンスはなかったが、監督は交代した。
確率がほぼ0%が1%ぐらいに増えた程度だろうが、千載一遇のチャンス

代表や海外での実績のない選手が代表に入るには、最初の召集が勝負。
代表に入る夢を叶えるには、新監督の初戦は新顔を入れてくるパターンにわずかな希望を託すしかない。

次節FC東京との試合は近場の味スタだし、監督が見に来る可能性はある。
武藤選手や森重選手が目当てだろうが、その試合で活躍すれば監督の目にとまるはず。

そのためにもマリノスでいい試合して勝たなきゃね。
初戦のような試合をしてたら、絶対選ばれない。

兵藤は動き回っていたけど、彼らしくない判断が遅れるプレーが目立った。
波の少ない兵藤があんなプレーをしてしまったということは、いかにチーム状態が悪いかを物語る。
モンさんがこの1週間でチームを立て直せるかが鍵だね

代表代表言っているが、代表に選ばれなくてもいい選手は山ほどいるし、クラブチームのサポーターがその選手を高く評価すればいいだけかもしれない。
だが、代表に選ばれることで多くの人から正しく評価してくれる側面はある。

例えば、2013年ベストイレブン候補に、マリノスのスタメンの中で兵藤だけ選ばれなかった。
代表優遇の傾向のあるベストイレブンでは、代表経験がないことがネックにも。
なんともやりきれない

もっと多くの人に兵藤の良さを知って欲しいね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/514-3935226b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム