2017-06

モンさんの性格を分析してみた

冷静な学者タイプかと思いきや、勝利の際に見せたガッツポーズから垣間見える情熱的なモンさん。
リーグ戦、ナビスコ杯含め公式戦4試合を終えて、性格や采配の特徴が更にはっきりしてきたね。

当初、思い切りが良さそうだと思ってたが、ちょっと違った。
スタメン抜擢とか試合開始前は大胆だけど、試合始まったらそうでもない。
交代カード1枚残すことが今の所多いしね。

若手の和田くんや賢星に関しても、積極的に起用する気配はあるが、公式戦では未だに出場はさせてない。
おそらく、点差がついたりした過度に緊張しない場面で起用する腹積もりだろう。

ただ、マリノスがそんなに点数の離れたゲームはそうそうしない。
そうこうしてたら、俊さんやラフィー達怪我人が帰ってくるし、週末のナビスコ杯で出番なしだと当分おあずけかも。
PSMの松本戦で和田くん結構活躍してたけど、公式戦では難しいんかね。

その一方で、積極的に起用されている選手もいる。
怪我明けで且つベンチにマチや富澤がいるにもか関わらず、鳥栖戦途中出場した喜田
セットプレーの時ぐらいしか存在感なく、たまにボール受けても下げるかファーにクロスするだけにも関わらず、交代させられない藤本
この2人はモンさんのお気に入りだね。

ナビスコ杯の仙台戦まずまずだった熊谷や天純がベンチ外だったことを考えると、余計扱いに差を感じる。

また、ボランチは三門・ファビの出場機会が増えそうな一方で、マチや富澤が出番を失いつつある。
学のワントップ起用も含めて、「相手の裏を突く」という戦術に沿う選手が今後も起用されていくだろう。

樋口さん時代の序列を崩壊させた面は評価したい

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/521-0e092f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム