2017-11

使い分けたいなぁ  広島戦感想

広島戦1-2で敗れる。
得点者 伊藤



幸先良く先制したものの、徐々に相手のペースに…
哲のミスなども絡み痛い逆転負け。

結果的に浦和戦と一緒の展開で、めっちゃ悔しい
川崎・浦和・広島と樋口さん時代基本的に相性が良かった相手に勝てない傾向は変わらないまま。

「高い位置からプレスをかけてボールを奪い、奪った勢いそのままにペナ角から崩す」樋口さん流と「ブロックを作って守り、奪ったら手数をかけずに縦に速い攻め」のモンさん流の違いが理由なんだろうけどさ。

理想から言えば、展開に応じて使い分けて欲しいんだよね。
試合中に相手がちょっと修正したぐらいで劣勢に立たされる事はなくなるはず。
いかなる場面でも冷静にプレーできるレベルの高いボランチがいれば可能なんだろうけどさ。

三門・喜田が悪いわけじゃないけど、広島は中盤での攻防を避けサイドでの勝負を狙ったことで、2人の良さが発揮されず仕舞い。

また、狙われ両サイドは常に劣勢を強いられ、主導権を相手に明け渡してしまった。
心配された右SBの比嘉さんは大崩れこそなかったが、裏を取られないことを意識しすぎて簡単にクロスを上げられた。効果的な攻撃も少なく、兵藤やボンバーがいつも以上にフォローに回っていたのが印象的。

そもそも1試合の間に、比嘉→兵藤→三門と3人もやっている時点で駄目でしょ。
監督のスタメンチョイスにも問題あり。

もちろん色々な選手を実戦で試すのは樋口さん時代になかった良い傾向。
ここまで1試合も同じスタメンがないってのも良し悪しあるわな。

ただ、実験を繰り返す間に1stステージ優勝はかなり厳しくなってしまった。
しかし、大事なのはもっと先の戦いであるチャンピオンシップ。
そこで優位に立つことができる年間最多勝ち点のチームになるためにも、落ち込んでばかりはいられない。

ステージ関係なくこれ以上離されるわけにはいかんのじゃい。
GW連戦はまだ始まったばっかだ。

最後に、
学 迷わず自分の良さを出せ!!
今はプレーの幅を広げるための苦しみの時期だとは思ってるけどさぁ。自分の武器を見失ってないか?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/533-aa630291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (32)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム