2017-06

優勝を目指すのであれば 山形戦感想

山形戦 0-1で敗れる。



山形さんには悪いが、優勝を目指すのであれば絶対負けてはいけない相手
シーズン前にも話したけど、客観的に見て山形・仙台・湘南・甲府・松本・清水からの勝ち点の取りこぼしは許されない。
現実の順位も予想してた通りで、チームとしての総合力で劣るのは明らか。
そこにあっさり負けていては駄目だよ。

さらには連敗
これで優勝を口にするのは…

メンバーが入れ替わったとか関係ない。
富澤・マチ・淳吾には意地を見せて欲しかった

結局、敗因は浦和戦・広島戦と一緒だしねぇ。
引いた相手を崩さなきゃ話にならないよ。

狭いスペースを連動で崩す事もほぼなく、外国人選手の力技も無理。
さらに、学の個人技は切れを欠き、セットプレーも俊さん怪我で期待できない状況で打開策がない。
そういう意味では昨年以上に厳しい。

正直、モンさんのサッカーがハマるシーンはあるが、短い時間だけ。
そこできっちり決めていかないと後半きつい。

下平の惜しいシーンはあったが、基本的に相手のミスなしで決める雰囲気がない。
後半暑さで疲れたのか、足元へのパス回しに終始している姿にガッカリ。

その状況を打破するには、学が復活するしかない
ラフィー・俊輔がフル稼働できない今それしかない。

ただ、縦への突破型のドリブラーじゃない学が、手数をかけず縦に速い攻めを指向するモンさん流のサッカーに合わせるため、低い位置からのスルーパスをできるように努力していることが不調の原因。

湘南戦の先制点の起点となったように成果も見える反面、最大の武器であるドリブルの切れを失い、ボックス近くでの判断に迷いも見える。
ドゥトラと見せた良好なコンビネーションを下平と作れず、さらに自分の良さを引き出してくれる俊輔も不在の中復活できるのか?

個人的には、切り札的な起用もありかなとも思っている。
それが難しいのであれば、せめて和田くんをベンチに置いて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/534-d488e0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (17)
2017年 ルヴァン杯 (8)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)
2017 天皇杯 (1)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム