2017-05

すごい徒労感 G大阪戦感想

G大阪戦1-1 引き分け
得点者 アデミ



試合終了直前のオウンゴール?(公式はパトリック選手)での引き分けは痛すぎる
あそこまで凌いできただけに、終わった後すごい徒労感。

結果的に見て、相手の退場から歯車が狂ったなぁ
そこまで上手くいっていたのに、相手が退場する前の富澤投入も合わさって、少し気持ちが守りに入ったのか。
余計なファールなどでFKやCKのピンチが増え、最後の最後で崩壊した形。

地震による中断が起きても高い集中力は維持してただけに、もったいない。
直前の攻撃がクロスじゃなくキープすべきだったのかも含め、高い授業料を払わされた。

けどまぁ結果論のタラレバ。
2点目を早く奪えていれば悪夢の結末を迎えなくて済んだはず
PKによる1点で逃げきれるほどガンバは甘くはなかったということ。
押される時間帯はあったものの、試合全体通せばマリノスのペースで攻めれていたが、とにかく追加点が遠かった。

迫力が出てきたカウンター、人数を掛けて局面を打開していく遅攻は、ガンバ相手にも通用していたんだけどね。
ガンバは本気でACLを戦った連戦疲れを差し引いて考えなきゃいけないけどさ。
久々にワクワクしたし、チームの方向性に間違いはないという自信は得られたものの…

広島・浦和戦同様、上位には勝てていないという現実。
改めて突きつけられた「どうやって追加点を奪うのか」という課題をどう克服するのか。

昨年ほど主導権を握れているわけでもなく絶対的なエースストライカーがいるわけでもないのにも関わらず、昨年よりもチーム全体でそこそこ点が取れていることで、どこか見過ごしていたのかもしれない。

伊藤の覚醒・ラフィーの完全復帰もしくは稼働率の悪いラフィーを諦め新エースを獲得することで解決するのか。
それともチームとしての完成度をあげれば済む問題なのか。

このままでは、浦和のような上位相手に戦うチャンピオンシップでは勝ち上がれない
思った以上のスピードで進化を遂げるマリノス。
2ndステージで更なる進化、怪我人の融合・上積みができるか。

P.S
スタジアムでこのレベルの地震は初で、結構動揺した。
帰れただけマシとはいえ、山手線止まった影響で副都心線超満員。
引き分けも相まって、超疲れた。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/544-113bd073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (190)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (6)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR