2017-04

なでしこ 環境改善の本質的難しさ

なでしこジャパンW杯連覇ならなかったものの、彼女たちのひたむきな戦いぶりは多くの人の心を揺さぶり注目を集めた。

しかしその一方で、なでしこリーグの選手の大半はプロでもなく、他の仕事をしながらプレーしている状況。

感動した 次も頑張れと思うのなら、なでしこリーグを見に行って欲しい。
試合を見にいくことが、彼女たちにとって大きな助けになる。

金は出さんが、口だけ出す。
脆弱なプレー環境でも、結果は残せ。
結果残せなかったら、興味なし サヨウナラ。
どう考えても、都合が良すぎる

ただ、残念ながら世界相手に頑張る日本代表であれば興味はあるが、日本人同士のサッカーに興味はない視聴者は多い。
前回のW杯で優勝した効果も一時的に過ぎずなかったし…
Jリーグ同様、金払って見に行こうとは思われてない。

正直、実力は海外リーグ>Jリーグ>高校サッカー>なでしこ
Jリーグでさえ海外サッカーと比較され苦しいのに、なでしこのプレーで満足させるのは更に難しい。選手層は薄く、リーグ全体の力はさらに落ちるから尚更ね。

純粋にタイムを競う競技であれば男女のレベル差は気にならないんだけどね。
せめて
フィギュアスケートのように繊細さや華やかさ
ゴルフのようにスポンサー接待に強み
バレーボールのように一発で決まらないおもしろさ
といった女性らしさがいきる競技ならば…

根本的に成人男子と同じ広さのピッチ・試合時間・ボール・ゴール・人数では比較から抜け出せない。
女子サッカーの普及を本気で考えるのなら、FIFAが改正するしかないのでは?
技術をいくら高めても、中学男子レベルの筋力ではどうしても無理がある。

もちろんプレーじゃなくて、生観戦や応援が好きでスタジアムに足を運ぶ人もいるが、そういった人はだいたいJリーグのサポ
週末1試合見に行けば十分で、もう1日サッカーを見に行く余裕はあまりない。
Jリーグの前座とかで試合をやれば、もう少し見る人も増えるだろうけどね。
女子チームもJリーグが保持してれば融通利くが、男子チームの運営でも…

W杯に応援に来ていた多くのアメリカ少女たちのように、サッカー少女を増やすことしか現時点では解決策は見いだせないなぁ。

本当は、団体競技のチームを保持するのは凄くお金がかかるため、国の支援が必要。
新国立のアーチに使うお金があれば、選手たちの環境を改善できるのに。
腹が立つ


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/560-13e7a531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (4)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR