2017-04

俊輔を取るか 監督を取るか

補強もせず監督が続投であれば、今後厳しい戦いを強いられるのは避けられない。
ここまでの戦いで良くわかったのに…

そもそも、前監督と方向性が違うから、今いるメンバーと合わない。
更に、目指すサッカーを構築するために必然なスキルを持つメンバーが少ない。

おそらく
・スピードがあって単独突破のできるアタッカー
→学、怪我がちラフィー、長期怪我中の仲川、ユースの和田くん
・縦パスを狙う技術のあるボランチ・CB
→ファビ(状況お構いなしだが)
このあたりが必要そうだがご覧の通り層が薄い。それじゃキツい

あくまで方向性が似ているハリルジャパンの選考基準からの予想だけどね。
今いるメンバーで合うのは、中盤に運動量・機動力がある選手が揃ってるぐらいか。

縦を狙わず、思い切りのない選手の序列は低く、俊輔を生かすことに秀でた兵藤・マチ・富澤は、縦より俊輔・バランス重視のため重宝されなかった。

そもそもマリノスに残っているのは、マリノスで一番の選手である俊輔に合う選手達だから仕方がない。
その俊輔に一番合わないサッカーをしているんだし。

良くも悪くも俊輔がいない間に、速攻主体の攻撃が少し構築できた。
が、俊輔が復帰すると、染み着いた習慣と守備系の選手の技術力の無さで、すぐ俊輔に預けてしまう。そして監督と俊輔が合わない故のチグハグ状態に

本職のトップ下で結果を出せず、ボランチ・DFのパス能力の低さを補うためにボランチに入れても上手くかず。

私個人もシーズン中盤までは俊輔をボランチにという考えはあったが、冷静に考えると俊輔がボランチに下がってボールを捌く試合で良い結果が出てなかった。
本職のトップ下での俊輔の良さはタメが作れて周りを上手く生かせることだしなぁ。

もはや、俊輔を取るか監督を取るかの選択しなければいけないのかもしれない。
上手く使い分けるってのは、素人が思う以上に難しい。

だだ、とりあえず続投ということは監督を選んだ。
が、俊輔を外したとしても目指すサッカーに合うメンバーがいないのは変わらず。
上手くいったのは松本や湘南のようなJ2あがりのチームのみで、上位に勝てず。
ガラッとチームの方向性を変えることは間違いではないが、勝てなければ意味ない。

例え俊輔を選んでも、要の富澤は去り、計算できるストライカーも不在。
どちらを選んでも苦難な道が待ち受けているなぁ…

正直、樋口さんが築いたものがほとんど残されてない現状は、本当に残念。
監督が変わるたびにゼロからのスタートじゃ、何年かかったって真の強豪になれん。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/576-535b4dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (4)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR