2017-06

ラフィーが元気なうちに 

甲府戦2-0勝利
得点者 三門・ラフィー
マンオブザマッチ 三門



久々に負ける感じがしなかった
前回の甲府戦は何に苦しんだんだろう?

引きこもって守る相手に早い段階で先制奪えたのもあんのかなぁ。
バレー選手へのロングボール攻撃はウチのDF陣のカモだしさ。

ただ負ける感じはしなかったとは言え、決定機逸多すぎ。
学・アデミ 頼むよ~

ラフィーがまた怪我にならないとは限らないだけに、学・アデミが決定機にきちんと決めてくれなきゃ困る。
ああいったシーンを数多く見せられるとラフィーが元気なうちに勝ち点奪わないと、という気持ちにさせられる。
それにラフィーまだ90分持たないから、出てる間にリードしとかなきゃヤバいしさ。

さらに三門だって60分ぐらいしか持たないようなタスク託されてるわけで…
先発組の戦い方は1試合通しては難しいぜ

というかトップ下のポジション
裏への飛び出し・前からのプレスなどボールを持たない場面での負担半端ない。
さらに決定力まで求めるなんて。
前の3人をある程度攻撃に専念させるためとはいえさ、厳しいポジションだなぁ

運動量だけじゃなく、ある程度ボール奪取力を持つ三門だからこそ出来ること。
ボールを持っている場面でこそ輝く俊輔には根本的に合わない。

監督は俊輔の力を上手く生かしたいと考えてはいるだろうけど。
今日みたいな展開での途中出場しか今はなさそう。

けどまぁ、
とりあえずホームで久々トリパラ回せたから良しとしよう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

どうなるかしら

勝って良かったです。

今日の中村俊輔くんを見ていると、たしかに中途半端!って言葉がピッタリと感じました。

本人は頭から行きたいでしょうね、きっと。

なんとなく、時間つぶしのような使われ方は本意ではないでしょうし。

難しいですね。

Re: どうなるかしら

コメントありがとうございます。

鹿島の本山選手のように途中交代でチームを助けるというベテランの生きる道もあるとは思いますけどね。
とは言え、俊輔自身まだまだレギュラー奪取諦めてはいないでしょうし。
我々も俊輔のプレーをもっと長く見たい、一緒にリーグ優勝したい気持ちは変わりませんから。

ただチームの将来を考えると…という感じですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/584-00d2f002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム