2017-04

この先の進化

今のマリノスの戦い方
・ラフィーが下がって起点となり、最後ゴール前でフィニッシュに関わる
・相手DFラインの裏へのロングボールを追うのは主に三門
・ラフィーが下がってできたスペースは、両翼とトップ下が利用する
・相手のボールホルダーにチェックに行くのは三門だけ、他の前線3人は行ける時のみ。ただし、相手ボールになった場合両翼は帰陣しスペースを埋める
・ボランチ・両SBは無理に上がらない。ブロックを作って待ちかまえる。
というイメージ。

簡単にいえば、
攻撃はラフィー・アデミ・三門・学におまかせ
守備は後ろ6人でブロックを崩さず守る。

中盤は、三門がチェックしコース限定→マチがインターセプトないし、パスの受け手を前向かせない。セカンドボールの回収は主に喜田が行う。
高い位置でボールホルダーを複数で囲み、連動して奪って攻めるサッカーではない。
しないわけではないが、チャンスがあれば程度。

前後分断サッカー気味で、全体的にコンパクトさに欠ける
実際、中盤がポッカリ空いて相手に簡単にドリブルで運ばれるシーンが目立つ。
そして、コンパクトではないから攻撃に厚みがでない。

相手チームが中盤に能力が高い選手の多い場合、この状態で大丈夫かな?
全体のバランスを重視することでリスク回避の狙いがあるだろうけど…

また、アデミが右サイドの守備で手一杯になった場合も気になる。
攻撃の迫力を欠くことに直結。
パンゾーが右サイドの攻防に勝ち、アデミを攻撃に比重を傾けさせたい。

それでも右サイドの守備が崩れそうな時どうするか?
三門とポジションチェンジという手もありそうだが。
おそらく、淳吾にもチャンスはある。腐ってないで準備しろ!!

1stも似たような所で行き詰まり、ふりだしに戻った。
この先の進化を残り10試合で見せてくれ。

世界基準とかJのチームに勝てなきゃ何の意味もない。
チャンピオンシップがある以上浦和や広島といったチームに勝てるようなチーム作りを求めていきたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/585-9aaff1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (3)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR