2017-05

見えてきた 来期の陣容

新潟戦、特別指定の富樫くんがベンチ入りを果たした。
現時点では、来期加入が決定しているのは、ユース組の和田くんと遠藤くん、順大の新井くんだけだが、この感じでいくと富樫くんも入団しそう。
(昨年の特別指定室屋くんは厳しそうだ…

おそらく監督続投路線
プレースタイルは伊藤翔似らしく、戦術に合いそうだしね。

ただ、その一方でベンチ外になったFWは…
特別指定に負けている時点で、来期厳しいと言わざるを得ない。

それだけじゃなく、
SBの控え、監督批判をして干され気味のベテランMF、レンタル組も来期?
また、伸び悩みのMF、出場機会の少ない若手もレンタル修行へ?
そして、外国人枠も、稼働率が低すぎる選手やレンタル出向選手は?

マリノスタウンから移転する来期に向け(やっぱ大雨不安)
入れ替わりが激しくなりそうな予感がプンプン漂う。

個人的には、
年間通して計算できるFWスーパーなボランチを外国人枠で
守備力の高いSB
が補強ポイントだと思う。

逆に、補強の必要性を感じないのが、
サイドアタッカー(仲川と和田が来期計算できる)
運動量型のMF(兵藤、三門、喜田で十分)
はじき返す系のCB
あたりだね。

と、こんな感じで来期のことを考えてて正直一番気になるのが
ジュニアユース時代からマリノス一筋のCB
もう一度スタメンを奪い返して欲しいよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

初めまして。栗ちゃんはこのままサブでマリノスを去らないと思ってます。
栗ちゃんがコンディションあげてボランチでの起用も見たいです

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

マツや河合、那須との激しい競争に打ち勝ってレギュラー獲得した男。
このままでは終わらないですよね。

私は藤本淳吾は監督批判をしていないと思いますし(ぶっ壊してきた)監督の資質の問題で求心力を保つのに必死なのかなと思いますが、「監督続投路線」とする理由は何ですか?
もしかしてフロント寄りのコアサポで、フロントから情報が流れてくるのですか?
正直、手腕的には試合前から「?」が感じることもあり他も疑問も多いので、根拠を知りたいのですが?

Re: タイトルなし

メッセージありがとうございます。

8月16日付け藤本淳吾公式ブログを読む限り、結果を出してもサブにされる扱いに納得いかないと淳吾自身思っているのは間違いないと私自身は感じましたし、ブログでこのような内容を書くのは監督批判と捉えられてもおかしくないですよね。結果的に出番激減してますし。

腐らず頑張るといってますが…
今オフ出場機会を求めて去る確率は高いかなと思います。

また、続投路線というのは、一年目でこれぐらいの成績なら、だいたい続投になるのでは?
別に裏付けがあるわけじゃなく、マリノスのフロントの決断力のなさ、シティとの関係をトータルで考えた上での推測です。
それに解任するなら中断期間に動いてます。
残留は確実ですし、よほど失速しないかぎり続投でしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/600-e72804e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (190)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (6)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR