2017-11

チャンピオンシップの可能性

残り4試合。
マリノスにもチャンピオンシップ出場の可能性僅かながら残されている。

ただ、年間3位は厳しい
2週間前は可能性あると思っていたが、東京が思った以上にしぶとい。
ラッキーゴールで広島にも1-0で勝つとは…

東京は、現在勝ち点59。
マリノスが残り試合全勝しても60が限界。
4試合中1勝もしくは2引き分けでアウト。
絶望的ですね。

一方、2ndステージ優勝争いは混沌
勝ち点28 広島・鹿島
同24 東京・浦和
同23 川崎・柏
同22 横浜・G大阪

ライバルは多いが、首位との差は6。
ギリギリいける

追われるものと追うものの心理の差。
最終節前で首位と勝ち点3差ならば逆転は十分ありえる。

ただ、得失点差で首位広島は20で、マリノスは9。
広島が首位の場合だとその展開でも厳しい…

しかし、現在首位と同勝ち点の鹿島ならば逆転可能。
鹿島の得失点差は11で、完全に射程圏内(広島以外の上位勢も同様だ。)

それに、鹿島とは最終節一つ前の試合で直接対決を残しているのは大きい。
直接対決で鹿島に勝ち、勝ち点で追いつく、もしくは首位と勝ち点差3以内の位置に入る展開に持ち込みたい。

マリノス残り4試合全勝でいける2ndの勝ち点は34
広島が1勝2分1敗
鹿島が2勝2敗
東京・浦和・川崎・柏が3勝1分
を越える成績を出されると無理。
だが、広島以外なら十分ありえる勘定になる。

とにかく、広島が大失速が大前提

優勝争いの鍵を握るのは川崎
川崎の対戦カードは、広島・横浜・浦和・仙台
マリノスは川崎戦に確実に勝つことが優勝するための絶対条件。

奇跡を起こすぞ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/607-791b2f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (202)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (32)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (4)
マリノス 補強・契約 (45)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム