2017-04

俊輔と監督の関係性

天皇杯神戸戦、負けたこと以上に引っかかったことがある。
俊輔のプレーから闘志を感じられなかったことだ。

もちろん、試合の流れなども影響しているかもしれない。
ただ、リーグ湘南戦 引き分けているにも関わらず、途中交代でちんたら外へ出て行くシーンも。
元々闘志を前面に出すタイプではないが、樋口体制の時には見せなかった姿。

監督と上手くいっていないのかなぁ。
そもそも、監督はきちんと説明しているのか?
納得はさせられなくとも、納得させる努力しているのか?

どうにも俊輔と監督の信頼関係が…

ベテランの選手は試合に出場することへの欲求が強い。
逆にだからこそ、現役生活を長く続けられる。
試合に出れないことへの不満が出るのはある意味当然。
相応のケアをして欲しいのだが…

ある意味でベテランを特別扱いせず、一つの駒として扱っているだろう。
脱俊輔頼みという観点からは間違ってはいないが…

やっぱり監督と俊輔が根本的に合わないって所もあるのかな。

点が取れないからセットプレーで計算できる俊輔を外せないだけ。
結果が出ているから起用しているだけ。
だんだん去年のサッカーに戻りつつあるし…

監督としては苦肉の策であり、現状には大きく不満なのかもしれない。
まぁ、30後半の選手頼み、軸でチームを作るってのも変だけどね。

監督の理想のサッカーを実現できるような補強が成功したら、逆に俊輔の居場所はあるのか?

俊輔をボランチで起用(恐らく代表での柏木選手のイメージなんだろう)も上手くいかず。サイドのイメージもない。

藤本のように飼い殺しという例もあるわけで…
個人的には、天純に淳吾が劣っているようにも、天純を我慢して起用するほどの将来性を特に感じられない。
強いていえば、あまりコネずに監督の言う通りに素早くゴールへ向かう姿勢か。

結局、固定化されたサッカー観や癖のついたベテランより言うことを聞きやすい若手の方が扱いやすいってことか?

ちょっと、その辺気になるなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/622-a21203f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (4)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR