2017-10

勢いは伝染する

新潟戦2-1で今シーズン初勝利!!
得点者 ケイマン・学
マン・オブ・ザ・マッチ 学



思い切った若手の起用
そして、期待に応えケイマンが先制点を奪う展開

同点に追いつかれるも、
相手のエース退場に対し勇蔵を入れファビオを1列前に上げる積極采配

最後はジョーカー仲川投入

試合展開・打てる手は打った采配、勝てなければ引きずる所だった。
良くぞ学は決めてくれたよ。

スクランブルアタック以来久々にビッグスワンでトリパラが舞う。
勝って自信をつけてくれればいいなぁ

しかしながら、遠藤スタメンは驚いた。
何かを変える必要性はあるとは言ったが、まさか。
若手起用とはいっても、和田ではなく遠藤とは。

樋口さんならありえないだろうね。

まぁ厳しいことをいえば、内容はまだまだ
仕掛けちゃ奪われるの繰り返し。J1クラスでは通用していない。

ただ、積極的に仕掛ける姿は未来に期待ができる何かを見るものに与えた。
そして、若手ならではの勢いをチームにもたらした。
周りも呼応するように思い切りのよいプレーが飛び出す。

これも勝ったからこそ言える。勝てなければ…(飯倉しっかりせい)
「勝ちながら育てる」
今のマリノスにとっては大事なこと。

この試合から遠藤が何を学び、どう成長するのか。
積極的にプレーしたからこそできること。

和田や前田もこのまま黙ってないだろうし、競争がますます楽しみ

P.S 金沢のアンドリューは遠藤のような積極性が一番必要なんだろうなぁ
無難じゃダメよ。俺が勝たせるぐらいの気概もっていいんじゃない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/654-b8af3264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (200)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (30)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム