2017-05

両翼任せの限界

FC東京戦0-1で敗れる。



ついに2nd負けなし止まる。
まぁショックというより、やっぱりなという感じ。

大宮戦とほぼ内容同じ。
ボール保持するも点は取れず、逆にちょっとした隙を相手が見逃さず先制を奪われる展開。
違いは、追いつけたか追いつけなかったか。そう毎回追いつけないわな。

今更ながら感じるのは、どうも自分たちでボールを保持している時間が長ければ長いほど点が取れなくなる。
これは今の監督になってからずっとだ。

基本、攻撃は両翼の個人技での突破任せ
スペースがないと詰まって停滞する。
シュートまで全然もっていけない。

とにかく効果的じゃない
単騎特攻繰り返してるだけでは点に結びつかないよ。
特に、マルちゃんは、もうちょっと周りを生かすようなプレーができなければ…

正直、両翼アタッカータイプを並べるのは?
アタッカー並べるのなら、競り合いに強いストロングヘッダーorスペースを突ける嗅覚の鋭いFWにクロスを送る攻撃パターンがなければ難しい。
そういうFWいないのであれば、前線を2枚にするとかターゲット増やすしかない。

ただ、根本的に学もマルちゃんもクロス送るタイプじゃない。
個人的にはどちらか一方はアマジュンなり兵藤なりを置いた方が良い気がする。

う~ん

負けてないという所でなんとか気持ちを繋いでいた部分もあった。
勝ってもなければ、内容もそこまでの部分をあえて見ないようにしていた。

ただ、チャンスがなくなったわけではないので、何とか切れずに次へ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/697-9eccbea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (191)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (7)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR