2017-05

脈々と受け継がれた伝統

オリジナル10のうちJ2に降格していないのは、鹿島、名古屋、うちの3つだけだった。
ただ、ご存知の通り、名古屋は降格の危機

始まる前から、DF手薄な上、小倉監督で大丈夫?なんて思ってたけどさ。
いざとなればトヨタの金で解決するでしょなはずが、予想以上に。

いや本当、マリノスも決して笑えない
どう強くしていくのかなど未来に対する展望的なのも全然見えない。
なんとなく中位にウロウロしているだけのシーズンが多いし…

正直、鹿島とは悔しいけど差がある。
インタビュー読んでいても、優勝に対する意識やプライドの高さを感じてしまう。

マリノスも伝統をもったチームだし、優勝を狙うチームでなければいけないという思いを持っている所を、週末の直接対決で見せつけて欲しい。
連敗=リーグ戦終了を意味することを肝に銘じてね。
絶対勝利 頼むぞ!!

とは言え、
現役日本代表がゼロ、五輪もゼロの現状…
その辺が薄れてるのは否めない。

かつては、松永・川口・井原・小村・松田・中澤・俊輔・久保と日本を代表する選手たちの集まりのチームやったのに。
特に守備は軸となる選手ばかり。

今も、マリノスに脈々と引き継がれているものってといわれれば、やはり堅守なんだろうけどさ。
最近は、同じような形から失点しているし…

ボンバー・勇蔵の後、誰がこの系譜を継いでいくの?
ファビもいいけど外国人選手はいつまでいてくれるかわからないでしょ。
新井にもレンタル中の北谷にも期待してるけどさ、そこまでの器の選手かどうか。

堅守さえも崩れた時、マリノスに残るものはあるのか。

P.S ヤス 相模原監督就任おめでとう
活躍を期待して、陰ながら応援します。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/698-b88b47e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (191)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (7)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR