2017-05

俺らの俊輔ではなくなった…

「俊輔と優勝したい」
その夢はもはや叶わない。

2013年リーグ優勝に王手をかけたホーム最終戦
フワフワした会場内の雰囲気の中、優勝のチャンスを逃した
今思えば…

結局、その後は外資に食われ、マリノスタウンを手放しズルズル順位も後退。
こうなったのはフロントだけでなく選手・サポーターにも責任あるよ
もっと魅力的で良い成績を残せば、もっと足運んで金落とせば。
専用の練習場・クラブハウス確保できる状態になってないから…

しかし、一年前こんな事になるとは思わなかった。

マリノスタウンのラストで買った俊輔のネーム入りタオルマフラー
験担いだり、俊輔が怪我で出なかったりしてほぼ使わず。
「俊輔ならまだまだやれるし、レジェンドだし長く使えるでしょ」
マリノスの俊輔は永遠のように捉えてた。
まさか国内移籍するなんて…

ただ、一般社会でもありえる話
会社が吸収合併されてボスが変わり、方針も変わる。
自分への評価は高くても、長年共に仕事した周りの同僚はクビ
オフィスの環境が悪く仕事に集中できない。
愛着あるし家族を考えたら悩むが、やれる年齢のうちに転職しよう。
ってな感じと一緒なわけだし。

まぁ正直、戦力的には小さい痛み
もはやマリノスは俊輔ではなく学のチーム。
高齢の上怪我がちだし、縦に速い攻撃を構築する上でブレーキにもなるし、アマジュンも一人立ちしつつある。
接戦時において俊さんのセットプレーという飛び道具を失うのは痛いのは確かだけれどもね。

むしろ問題は感情的な部分
やはり「横浜いや日本の宝」である中村俊輔は特別な存在
マリノスで終えるのが理想的なわけだし。

俊輔が好きでマリノスを応援している人はたくさんいると思う。
これを機にマリノスから離れてしまうかもしれない。

そりゃ、自分もサックスブルーの俊輔はみたくない。
だからといって、それが理由でいて欲しいとも思わない。
近くのチームみたいになったら、俺は嫌だ。
俊輔がいることしかマリノスの価値はないのか?違うだろ。

自分は俊輔がいない頃から好きだからかもしれないけどね。
「去るもの追わず、来るもの拒まず」
選手がマリノスで輝けない、戦う覚悟ないのなら去ればいい。

井原さんやマツの時と違って戦力外ではないし。
どれだけ理由つけようと自分から去った選手。
隼磨とかと一緒でしょ。特別扱いで拍手はないかな。
別にブーイングする気もないけどさ。

とにかく磐田には絶対負けない。
恨みはないが、元マリノスの選手がいるチームは負けたくない。
敵として対峙する以上、バチバチ潰して欲しい。

残ったメンバーを全力で応援する。

最後に
俊輔 今までありがとう
夢のような時間たくさん頂きました。
いつか、また…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/731-a4f907ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (191)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (7)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR