2017-09

Jリーグはそんな甘くはないが、自信つけてくれれば

タイ遠征2試合目 4-0勝利

遠藤が左サイドで2ゴール。ユースの山田君も初めて見たけどイイね。
若手が躍動した2試合だった。
いい雰囲気で宮崎キャンプに臨めそうだよ。

正直、この時期にタイ遠征する意味があるのかと最初は思っていた。
フィジカルコンディションの影響も心配。(特に、ボンバー)
東南アジアでの市場拡大のためとは言え、客も全然いなくて、盛り上がってない。
リーグ10位のマリノスがJ代表っていうのも意味わからん。
ババ引かされただけやと。

だが、結果出したおかげで、若手に自信がついた気もするし、今の所行って良かった。

あとは、サポーターも自信回復してくれればいいな。
DAZNのおかげで試合見られたからね。
中心選手の退団、そしてネガティブ報道 気持ち下がっていた人もまだまだ多いはず。
少しは気持ちが上向くといいのだが。
こうなりゃ、宮崎キャンプの練習試合も流して欲しいぐらいだよ。

ただし、ここで満足するわけにはいかない。
Jリーグそんなに甘いもんじゃない。

去年のリーグ戦の勝ち点トップの浦和とは23差
若手の勢いだけで、簡単に埋められる差ではない。
素質のある若手は多いとはいえ、実績が少なく未知数な部分が多いのも事実である。

それは外国人選手も同様。カイケのようにフィットしない可能性も。
客観的に評価低いのも致し方ない部分もある。
もちろん、知名度は高いけど、監督と合わない、稼働率が下がった選手で評価上げても意味ないけどね。

ただ、監督のサッカーにあったメンバーを集めた反面、一本調子になる危険性を秘めている。

試合の流れを読んでコントロールする力、ここぞという勝負所を見極める力。
マチや飯倉が危惧するように、気になる部分ではある。
ただ、そこは飯倉・ボンバー・マチ・翔に期待したい

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/738-e65df9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (28)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム