2017-09

好調 3つの要因

3連勝
一時期の不調から脱出しつつあるマリノス。
好調の要因は3つ。

①ウーゴを活かすサッカーに
ウーゴの武器はサイドからのクロスに対するポジショニングの良さ。
他は結構残念だが、そこで点を取る技術・嗅覚みたいなものは高い。

サイドからクロスというシンプルな攻撃パターンにすることで各々の役割・考え方を整理できた。

今までは中盤に合わせるスタイルで点が取れない時代が長かったが、ようやく。
ケイマンの方が良いんじゃないか感もあるが、とにかくFWに合わせたサッカーをすべき。

②マルちゃん左サイド
右のマルちゃんは流れ関係なく自力でチャンスを作ることができる反面、
ボールロストが多すぎ、周りを使えない、クロス精度が低いと問題点が多く、チームのリズムを作れない要因にもなってた。

左サイドにポジションを移すことで、そういったネガティブな側面は少なくなった。
特にカットインであっさりボールを取られ逆襲を喰らう回数が減ったことがデカい。
中盤や最終ラインのバランスもだいぶ良くなった。

③扇原がフィット
中盤からのパスの供給源
あそこから配給できると楽。

鳥栖戦でミスして失点した頃は、名古屋でもダメだったし、やっぱ難しいのかなと正直思っていた。
が、ここにきて存在感マシマシ

中町とのコンビがいいのか、変なボールの受け方も減って、悪い側面が見えにくくなった。
むしろ、彼の左足から放たれるロングパスが素晴らしいね。

ずっと欲しいと思っていたタイプの選手
元々ロンドン五輪の主軸ボランチ。ポテンシャルは非常に高い。
移籍金0円で獲得できたのはラッキー

カイケも高く売れそうみたいだし商売上手になれそうや。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/781-fe0b4e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (27)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム