2017-07

相性の良し悪し

プロとは言え、組み合わせによって相性の良し悪しがある。
今年のマリノスは結構顕著

良好
ウーゴ×マル(左)
吉尾×山中
扇原×マチ

良くない
ウーゴ×学(左)
マル(右)×松原

といった所が目につく。
栗×バクや金井×学とかも長年の関係性でコンビが熟成しているのもあるが、特に印象に残る組み合わせは上記のもの。

特に、気になってるのはウーゴ
守備の問題でアマジュンとしか基本的に組ませられない。
バブと同時スタメンだと守備がどうしてもきつくなる。

となると必然的に、ウーゴ・マル・アマジュン・学という前線に。
が、学の良さが活きない、扇原のパスをシュートまでもっていけないし、うーん

正直、ケイマンなら問題解決
学が左でもOK。バブがトップ下でも守備面で支えられるから、バブの攻撃センスを存分に活かせる。
そして存在感を増す扇原のパスに対応可能。
あきらかに選択肢が増える。天皇杯ケイマンには期待したい。

ウーゴ・バブが守備面でも理解度を深め最低限度できれば選択肢は増やせる。
彼らが日本の夏に対応できるかも含めて、中断期間の大きなポイント

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/787-4f0d51dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (5)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム