FC2ブログ

2018-12

ユースができてトップができないわけにはいかない

マリノスユースの試合がYouTubeで公式配信されてたから見たけど、凄かった
準決勝で相手をこれだけ圧倒できるとは。
まだ無料配信中なのでサポーターの中で見てない人は見て欲しい。



今年からトップからアカデミーまで一貫してアタッキングフットボールに挑戦中のマリノス

夏くらいまではジュニアユースはできてるが、ユースが全然という評判だったけど、最後の大会で完成度をぐーんと伸ばしてきた。
明らかにトップよりユースの方が攻撃パターンが豊富

この年代だと相手の弱みを突くサッカーをしない特にユースチームは、という点を考慮したとしてもだよ。
ちょっとトップが不甲斐ない

ただ反面、将来への希望が見えてきた。
別にユースがトップより技術的に上回ってるわけじゃないからね。

1試合だけなのであれだが、比較して感じたポイントは4つ

①ロンクボールの活用法
トップは頑なにパスで繋ごうとするが、ユースは技術的にできないこともあり無理せずロンクボール蹴ってたが、別に問題はなかった。

目先を変えられるだけでなく、相手に裏を意識させることができプレスを無効化できる。
何よりも常にゴールへ向かう姿勢が生まれる。

最終ラインからビルドアップする過剰な拘りは捨てるべきかも

②サボらない
プレスやポジショニングは絶対サボらず行う。
取られたら取り返す、やり切る気持ちを持って徹底的にポジショニングを叩き込む

③スピード
攻撃はスピードが全て。
当然、攻撃的ポジションでは縦に行ける能力はマスト
中盤からも勇気を持ってボックス内に飛び込むスピードも必要
その点椿くん良かったなぁ。抜群のスピード突破で来季楽しみ
山谷くんもゴリっと感だけでなく個人技もあった。

④サイドからの単調なクロスは不要
トップが良くやるプレーをユースも時折やっていたが、やっぱり点にならない。
中央が起点となるシーンを増やさなければ絶好機は増えない。

ってな感じ。

シティを見本とすると難しく感じるが、ユースがやれることなら、トップは絶対やらなきゃダメだという気にさせられる。

お陰で勇気もらえた。
ありがとう

決勝も期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/921-94401355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (224)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (37)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (6)
2018 リーグ戦 (32)
2018 ルヴァン杯 (14)
2018 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (63)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (5)
Jリーグ (55)
日本代表 (48)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム