2017-06

ボランチから今年のマリノスを考える

マリノスのボランチを見てみると、点取り屋のマルキやドリブラーの学加入による分かりやすい+αの部分だけでなく、今年のマリノスの戦い方やスタートダッシュの失敗の原因や昨年との違い、そして未来がわかるように感じている。今回その考察をまとめてみた。

まず、結果とボランチコンビの変遷を見てみる。

第1節柏戦  3-3△ 兵藤小椋
第2節仙台戦 0-2● 兵藤小椋
ナビスコ大宮 1-1△ 兵藤谷口
第3節鳥栖戦 0-1● 富澤谷口
第4節鹿島戦 0-0△ 中町谷口
ナビスコ札幌戦 1-2● 狩野&小椋
第5節新潟戦 0-0△ 中町小椋
第6節大宮戦 1-1△ 中町富澤
ナビスコ戦清水戦 0-1● 中町熊谷
第7節磐田戦 0-1● 中町富澤(中町開始すぐ怪我、兵藤がボランチへ)
第8節神戸戦 3-1○ 兵藤富澤
第9節浦和戦 2-1○ 兵藤熊谷(富澤出場停止)
第10節札幌戦 2-1○ 兵藤富澤
第11節広島戦 3-1○ 兵藤富澤
ナビスコ鹿島戦 3-2○ 小椋熊谷
第12節G大阪戦 0-0△ 兵藤富澤
第13節清水戦 0-0△ 小椋富澤

これを見て気になった点。
①17試合中先発のボランチのコンビは、12種類もあること。
他のポジションはあまり変化がないのに異常。ここが安定しなかったことが、序盤10試合勝てなかったことの原因。兵藤&富澤になってから負けなくなり、このコンビで固まり、安定している。

②小椋&谷口のコンビが一度もないこと。
昨年との一番の違いを感じるポイント。そこにはやはり、監督のこだわり、つなぐ部分を意識しての起用法だと考えられる。

③ボランチの軸の変遷。
最初は、小椋が軸だったが、相次ぐ怪我で離脱したため、軸は、谷口→中町→富澤へと移った。
富澤はボールをつなげるし、高さがあり、守備能力が高く、どの選手とも基本的に相性が良いため、今後も軸になると考えられる。逆に、谷口は、スタメン起用がなくなり、切り札的役割という厳しい状況になった。

次にそれぞれの選手を見てみる。
今年ボランチのポジションで先発出場した選手は、兵藤、中町、狩野、小椋、谷口、富澤、熊谷の7選手。森谷はボランチで一度も使われていないのは残念。

まず、それぞれの簡単な特徴を大雑把に3種類に分けると以下のようになる。

①前に出るのが持ち味で、後ろに下がっての守備は苦手タイプ
兵藤、中町、狩野

兵藤は、ポジショニングの良さや運動量はあるが、一人でボールを奪う力や展開力はあまりない。
中町は、本職でもあり、展開力はある。この3人の中では1番バランスが良い。ただ、現在怪我。
狩野は、展開力はあるが、消える時間が多く、ポカがあり、守備は、兵藤以下。

②前に出るのが持ち味だが、後ろに下がっての守備もできるタイプ
小椋、谷口

小椋は、守備範囲が広く、前に出て、ボールを奪うのが持ち味。カバーリングタイプではない。FWへのパスの意識は向上したが、展開力はない。
谷口は、運動量があり、体が強く、攻守両面で活躍出来るが、展開力はない。どこのポジションがベストなのかいまだに分からないが、アンタッチャブルな存在。

③前に出るよりも後ろで守るタイプ
富澤、熊谷

富澤はボールをつなげるし、高さがあり、守備能力が高く、センターバックも出来る。
熊谷は、未完成だが、富澤に似ているタイプで、完成すれば展開力もあるスケールの大きいボランチになれる逸材。

今年のサッカーを考えると、③タイプは欠かせない。富澤が出場停止やナビスコ時に先発するのが、似たタイプの熊谷であることから見ても間違いない。
兵藤に関してだが、小椋や谷口と相性が悪く、このポジションで出場するのなら富澤か熊谷が相方しかないはず。

当分は、兵藤&富澤になりそうだが、今年は、兵藤が途中交代が多いこともあり、このままでいくとはと思えない。ここも去年との違いの一つであるが、和司さんのような信頼が樋口さんにはなく、学の成長もあり、兵藤のスタメン落ちする可能性は十分ある。

今後を考えると、小椋&富澤か中町&富澤になるだろう。今の所、どちらのコンビも結果は出ていないが、スケールアップするには間違いなくどちらかへの変化は必要。

しかし、そう考えていた矢先、小椋がまたも戦線離脱、キャンプでの出遅れが今も尾を引きずっているのか。怪我や病気が続き、小椋にとって試練な一年になっている。頑張れ!!

ただ、昨年までなら小椋の穴は痛かったが、富澤の加入で、痛みは少なくなっているのはせめてもの救い。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yfm1986.blog.fc2.com/tb.php/99-4d9c5ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム