2017-05

懲りもせず 順位予想

2017 私の予想順位

1位  横浜F.マリノス
2位  浦和
3位  鹿島
4位  川崎
5位  G大阪
6位  広島
7位  FC東京
8位  鳥栖
9位  神戸
10位 柏
11位 C大阪
12位 大宮
13位 磐田
14位 仙台
15位 甲府
16位 新潟
17位 札幌
18位 清水

優勝は当然マリノス
文句あっか。
降格圏に該当されたチームの方お気になさらず。素人予想なので。

戦力的には7位~12位あたりだろうが関係ない。
久々に楽しみなメンバーが揃った。開幕前からワクワクしている。

とにかく、浦和・川崎・鹿島から離されないこと。
それにはまず、スタートダッシュ
浦和・札幌・鹿島・新潟・C大阪の5連戦 
上位候補の出ばなをくじき、昇格組・降格候補から確実に勝つ。
勝ち点11以上取りたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

鋭さを増すカウンター 起点はダビ

穴 ポスト 代わり
マリノスの話題となると、巷で良く言われるトップ下問題。

正直、アマジュンや前田が候補では実力不足っぽい気もした。
しかしダビの加入で無問題

町田との練習試合を観戦して改めて思った。
やっぱ上手いよ ダビ
密集地帯でも巧みにいなして捌くことができ、スピードに乗ってドリブルした状態でも視野が広いしキック精度も高い。
得点力はあんま期待できないかもだが、速攻がフィニッシュまで行く確率かなり上がりそう。

そもそもクラシカルな司令塔は求めてないんだよね。
トップ下がウロウロ下がったり、スローダウンしても困る。
ゲームを落ち着かせるのはボランチで、キープするのはサイドの役目だろうし。
おそらく、ダビは監督が求めるトップ下像にある程度合致する選手でしょ。

あとは、勝負所に強い選手かどうか。
運動量や守備といった気になる部分は他もあるが、一番はそこ。
やはり、ここぞで仕事ができる選手は好み関係なく頼りになる。
去年多かった引き分けを勝ちにかえられる選手だと期待したい。

開幕戦 浦和相手だけにボール保持する時間は少ないだろう。
逆をいえば、ダビを起点にした鋭い攻撃で急所を突くには持ってこい。
世間を驚かせてやろうぜ。低評価をひっくり返してやろうぜ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

野津田陸競 初見参

行ってきましたよ ゼルビアとの練習試合
交通手段がバスという不安、満員とかで観られなかったら最悪とかあって躊躇しましたが、その辺は問題なく。

無料ということもあり、メインスタンド除いた席8割ぐらい埋まった練習試合。
開幕に向けて気持ちを高められて良い1日に。

にしても、まず町田のホームスタはてっきり横浜線沿いと勘違いしてましたわ。
正解は川崎の麻生区と横浜の青葉区と多摩市の境目あたり。
さすが、神奈川県町田市と揶揄される都市。

小田急線鶴川駅からのバスで約15分、そこから急勾配の山道(雨降ったナイトゲームとか大変やな)を登ること約15分、たどり着いたスタジアム

博多の森っぽい山の上の運動公園
観客の拍手、選手の声、マルちゃんの悲鳴よく響く。
そこまで見やすくはなかったけど、音で楽しめた。

それはさて置き、試合内容
最終スコアは4-0も相手の組織だった守備にてこずった。
遅攻にならざる得ない時の組み立ては課題。
ワントップ現状ではケイマン>ウーゴ
ウーゴも状態上がってるが、それ以上にケイマンがいい。
点取り屋として覚醒モード入ったかも。
前半一度だけあった複数人が連動する素早い崩しを今後増やしていけるか。
といった感じ。
凡ミスもあったが、開幕に向けて順調に来ている。

ゼルビアさん ありがとう。
来年もこの時期ぜひ 
と言いたいが、他の予定があるのよ。

来年こそはゼロックス
OUR HOME OUR STADIUMをいつまでも他人に使わすわけにいかんのじゃ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ミドル対応 修正なるか

学のキャプテン就任
本命マチ、思い切って喜田もありえるかなとは思っていたが、学がやるとはね。
責任負いすぎなのは気がかりだけど、重圧をプラスにしてくれると信じて応援するよ。

長いシーズン悪い時は必ずやってくる。
特に、若いチームや新加入が多いマリノスなら尚更。
そういう時には他のベテランを頼りにしていい。

特に、マチ
ボランチ次第でチームは大きく変わる。
現状ではレギュラーかはハッキリしていない部分でキャプテンを外されたと思うが、色々な面で頼りになる存在。

正直、ボランチのメンバー的にもマチいないと不安だよ。
扇原はストロング・ウィークポイントがハッキリした選手。はまらなければ…
アマジュンは、年間通しての経験不足。
そして2人ともボール奪取力に欠ける。喜田に累積警告・怪我あったら…
ミロシュ・ジョンスも出来るだろうが、外国人枠もある。

経験があり総合力のあるマチなら誰と組んでもある程度にはしてくれるはず。
そして、ヘディングでの得点能力が高い点も見逃せない。
セットプレーで勝敗が分かれる試合も多いし。

ただし、物足りないのはミドル対応・縦パス
縦パスにはそんな期待してないが、ミドル対応はきちんとしてほしい。

マチに限らずだけどさ。最近の練習試合ミドル決められてるし、修正ポイントだよ。
去年G大阪戦なんて井手口選手に2発もやられた。もう少し激しく寄せてほしい。
サイドに釣りだされて中盤空いた所をドカンとやられてる。
ボランチだけでなくチームとして修正できるか。

週末は最後の練習試合の町田戦 
監督の言った開幕スタメン決まっていない2つは、おそらくボランチとFWだろう。
FWはウーゴ次第だけど、ボランチはトータルのバランスを見て決めるはず。
修正面も含め色々と楽しみな試合。

観に行こうかと思っているが、思ったより行きにくいスタなのね。野津田って。

P.S
オオシ コーチとしてマリノス復帰とは嬉しい
達也もいつか戻ってくるのかしら。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 ボランチ個人的評価≫
S 鹿島・浦和・川崎
A G大阪・C大阪・東京
B 広島・大宮・神戸
C 柏・磐田・横浜
D 鳥栖・清水・札幌
E 仙台・新潟・甲府

待ち受けるはレベルの高い競争 勝ち残るのは誰だ

キクマリで練習試合を見て、一番印象残ったのはミロシュ
そういう番組の作りということもあるが、フィード能力・スピードがあることは間違いない。
コミュニケーションも積極的。好印象

ジョンスが怪我になったこともあり、ミロシュの獲得はとても大きいね。
扇原とともに後ろから精度の高いキックができる選手が増えてビルドアップの質は格段に上がる。

当初は、驚きの獲得であった。
おそらくだが、当初はファビを残してジョンス・新井をゆっくり育てる予定だった。しかし、ファビが契約延長しないという誤算。
ファビの怪我もあり2人に出場機会を与えるも、判断力・対応に不安が残った。

そのため、補強に動くも、神戸の高橋祥平選手や岩波選手の獲得に失敗。
そこから動きが見えなかったから、勇蔵残しでというスタンスに切り替えたと思っていた。
最後の最後でという感じ。

競争は去年以上に激しい
オフシーズン見る限り、ボンバーも勇蔵も評価は低い。
ジョンスは外国人枠争い、新井は右SBもできるという利点も消えた。
勝ち残るのは誰だ。

現段階では、最終ライン 金井・ミロシュ・ボンバー・松原という感じか。
怪我で出遅れの下平・勇蔵も巻き返せるか。 

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 CB個人的評価≫
S 東京・浦和・G大阪
A 広島・神戸・川崎
B 横浜・大宮・鹿島
C 鳥栖・柏・磐田
D 仙台・甲府・札幌
E 清水・C大阪・新潟

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (191)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (6)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR