2017-06

競技を楽しんでいるのか?

野球のWBC 日本のでない決勝戦は2.9%という低視聴率だった。
前日の準決勝は、20%越えだっただけに…

結局、競技が好きだから見ているのではなく、日本が勝つ所が見たいだけ。
良く知らない選手ばかりのベースボールは興味ない。

五輪もそうだが、競技人口だとかそういう側面は関係ない。ただ勝つ日本 日本選手が好き。
もちろん、W杯であれば、こんな低視聴率になることはないのだろうがね。

ただし、自分も笑えない。
マリノス以外のサッカーの試合あまり見ない。

マリノスの選手がいないせいもあり、サッカー日本代表への興味が薄れている。
大事なアウェイUAE戦も久保選手のゴールを見たら、速攻睡魔に負けた。
代表がW杯いかなければ、Jの情報がより流れなくなるのは明白だから、勝ってくれ程度の関心。

Jの選手が少なく、Jで大活躍する前に欧州へ行った選手が多いから、愛着が持てない。
むしろ、ミロシュのいるオーストラリア代表の方が気になるぐらい。

果たして競技を楽しんでいるのだろうか?
さすがにW杯決勝は見ているけど、チャンピオンズリーグ決勝は必ず見ているわけでもない。
適当に欧州サッカーを見ることはあっても、流し見程度。ダイジェストが基本。

結局、マリノスが勝った試合の喜びを上回るものがTVの中のサッカーにはない。
負けた時の悔しさ・苛立たしい気持ち、思い入れが強いから起こるもの。

レベルじゃない。
欧州サッカー好きとは、ここの部分で分かり合えないのだろう。

やっぱマリノスのない週末はつまらない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

マリノスの誇りを取り戻す

就任3年目 勝負の年
監督の要望に合いそうな選手を揃え、外国人選手も開幕前のキャンプの時点で合流。
合わない選手は出て行った。余計な気を使うこともない。

就任2年目10位の成績で続投することに違和感はある。
もはや言い訳は許されない。
求めるのは、結果

賞金が跳ね上がったリーグ戦
今年だけでなくマリノスの将来・未来がかかっている。

勝って証明してくれ 監督についていって良かったと。
取り戻させてくれ 名門・マリノスの誇りを。

血の涙を出した オフシーズン
とにかく、ここまで屈辱的な年もなかった。
この悔しさを最後の最後まで忘れるな。

シーズン終了後、絶対 吠え面かかす

まずは浦和を全力で叩く
闘う覚悟は当然できてるよ 燃えてるよ たぎってるよ


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

≪J1 監督個人的評価≫
S 広島・鹿島・鳥栖
A G大阪・神戸・C大阪
B 浦和・清水・大宮
C 東京・柏・横浜
D 仙台・札幌・磐田
E 川崎・甲府・新潟

懲りもせず 順位予想

2017 私の予想順位

1位  横浜F.マリノス
2位  浦和
3位  鹿島
4位  川崎
5位  G大阪
6位  広島
7位  FC東京
8位  鳥栖
9位  神戸
10位 柏
11位 C大阪
12位 大宮
13位 磐田
14位 仙台
15位 甲府
16位 新潟
17位 札幌
18位 清水

優勝は当然マリノス
文句あっか。
降格圏に該当されたチームの方お気になさらず。素人予想なので。

戦力的には7位~12位あたりだろうが関係ない。
久々に楽しみなメンバーが揃った。開幕前からワクワクしている。

とにかく、浦和・川崎・鹿島から離されないこと。
それにはまず、スタートダッシュ
浦和・札幌・鹿島・新潟・C大阪の5連戦 
上位候補の出ばなをくじき、昇格組・降格候補から確実に勝つ。
勝ち点11以上取りたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

鋭さを増すカウンター 起点はダビ

穴 ポスト 代わり
マリノスの話題となると、巷で良く言われるトップ下問題。

正直、アマジュンや前田が候補では実力不足っぽい気もした。
しかしダビの加入で無問題

町田との練習試合を観戦して改めて思った。
やっぱ上手いよ ダビ
密集地帯でも巧みにいなして捌くことができ、スピードに乗ってドリブルした状態でも視野が広いしキック精度も高い。
得点力はあんま期待できないかもだが、速攻がフィニッシュまで行く確率かなり上がりそう。

そもそもクラシカルな司令塔は求めてないんだよね。
トップ下がウロウロ下がったり、スローダウンしても困る。
ゲームを落ち着かせるのはボランチで、キープするのはサイドの役目だろうし。
おそらく、ダビは監督が求めるトップ下像にある程度合致する選手でしょ。

あとは、勝負所に強い選手かどうか。
運動量や守備といった気になる部分は他もあるが、一番はそこ。
やはり、ここぞで仕事ができる選手は好み関係なく頼りになる。
去年多かった引き分けを勝ちにかえられる選手だと期待したい。

開幕戦 浦和相手だけにボール保持する時間は少ないだろう。
逆をいえば、ダビを起点にした鋭い攻撃で急所を突くには持ってこい。
世間を驚かせてやろうぜ。低評価をひっくり返してやろうぜ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

野津田陸競 初見参

行ってきましたよ ゼルビアとの練習試合
交通手段がバスという不安、満員とかで観られなかったら最悪とかあって躊躇しましたが、その辺は問題なく。

無料ということもあり、メインスタンド除いた席8割ぐらい埋まった練習試合。
開幕に向けて気持ちを高められて良い1日に。

にしても、まず町田のホームスタはてっきり横浜線沿いと勘違いしてましたわ。
正解は川崎の麻生区と横浜の青葉区と多摩市の境目あたり。
さすが、神奈川県町田市と揶揄される都市。

小田急線鶴川駅からのバスで約15分、そこから急勾配の山道(雨降ったナイトゲームとか大変やな)を登ること約15分、たどり着いたスタジアム

博多の森っぽい山の上の運動公園
観客の拍手、選手の声、マルちゃんの悲鳴よく響く。
そこまで見やすくはなかったけど、音で楽しめた。

それはさて置き、試合内容
最終スコアは4-0も相手の組織だった守備にてこずった。
遅攻にならざる得ない時の組み立ては課題。
ワントップ現状ではケイマン>ウーゴ
ウーゴも状態上がってるが、それ以上にケイマンがいい。
点取り屋として覚醒モード入ったかも。
前半一度だけあった複数人が連動する素早い崩しを今後増やしていけるか。
といった感じ。
凡ミスもあったが、開幕に向けて順調に来ている。

ゼルビアさん ありがとう。
来年もこの時期ぜひ 
と言いたいが、他の予定があるのよ。

来年こそはゼロックス
OUR HOME OUR STADIUMをいつまでも他人に使わすわけにいかんのじゃ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム