2017-10

大分戦 サポーターの心を奮い立たせる戦いを望む 

悪夢のようなリーグ戦終了からおよそ2週間。
週末、天皇杯大分戦を迎えるわけだが
 
選手・サポともに、戦う心の準備ができただろうか?
 
と、問いかけたものの、正直私は、準備できてない。
まぁ、試合を見れば、燃えてくるとは思うけどね。
 
やっぱり、まだ私の心は癒えてない。
この悔しさは、一生晴らせないだろう。
 
茫然と立ちすくむサポーター
泣き崩れるサポーター
立ち上がれないサポーター
それでも、懸命に声を振り絞るサポーター
  
そして、泣き崩れるキャプテン俊輔の姿。
試合終了後の等々力のゴール裏は忘れることができない。  
 
優勝をあと一歩に迫ったからこそ、サポーターの失望や落胆もデカイ。 
 
だからこそ、選手達よ
結果で、もう一度気持ちを前に向かわせてくれ。
マリノスの力を信じさせてくれ。

 
厳しいことを言っているのかもしれない。
一番気持ちが落ちているのは、選手達なのはわかっている。
 
ただ、サポーターは、日産スタジアムを満員近くにした。
しかし、選手達は、声援を力にできず、応えれられなかった。
 
今度は、結果で、サポーターの心を選手達が引き戻して欲しい。
 
まだ、「天皇杯優勝」とは、言えないが、せめて、この試合は勝って欲しい。
このままで、来シーズン迎えられない。
 
マリノスの底力信じていいんですか?
このままじゃ終われないよね。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

すっきりしない 天皇杯 長野戦 感想

天皇杯長野戦、延長戦の末2-1で勝利
得点者 優平・藤田

危なかった
負けてもおかしくなかった。
決定的なシーンを外してくれて助かった。
 
J1とJFLの差を見せつけるどころか、足元をすくわれる所だった。
決めきれない、大事な所でのミスが差を分けたのは事実だが。
 
まぁマリノスの選手のモチベーションの低さと長野の選手の気迫の差。
それが、技術的な差を縮めたともいえる。
 
同じように、1か月前ベラルーシに完敗した代表がベルギーに勝ち、オランダに引き分ける
やっぱ、サッカーはやってみないとわからない
 
メンバー入れ替えにより競争がうまれたことが影響したのか?
ちょっとしたことで変わるね。
 
長野の選手達もそうだ。
 
宇野沢選手なんかもJFL得点を重ねているせいか、得点感覚が研ぎ澄まされていた。
普段点を取っている雰囲気が、この試合でも出ていた。
他の選手たちも、JFL王者の自信を感じられた。
 
やっぱり、自信は大事
 
<次節に向けて>
勝ったから内容はもうどうでもいいが、延長戦にはもちこまれたくなかった。
そして俊輔を60分近く出場することになったのも誤算。
なおかつ、俊輔の状態もいまいち。
  
不安が残る。 
 
P.S 日本代表、学の代わりに招集された乾君は出場機会なかった。
学が行っても、出番なかった可能性が高い。
遠征に行かずに治療できて良かった。
まぁ、出てたかもしれないけどね。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

マリノス 天皇杯優勝への道

天皇杯4回戦 すべてのチームが水曜日開催だと思ったら、
半分以上は土曜日。
 
これが、リーグ戦にどう響くか?
 
広島と鹿島は、土曜日開催で、次のリーグ戦まで、1週間ある。
さらに言うと浦和は、もう天皇杯終わって、4回戦もない。
 
上位勢では、水曜日に試合のあるのは、マリノスだけ...
 
和司さんが、JFLとの試合にしたせいで、もうっ。
明らかな格下の所属で、やりにくいし...
J1首位である責任がのしかかる。
 
まぁ抽選だから、仕方がないけどね。
 
ポジティブに考えれば、弱いチームと戦える。
そう思おう。
 
実際はわからないけど。
 
せめてもの救いが、アウェイ扱いであるものの、日産スタで戦えること。
移動の疲れが少ないね。
ホント助かる。 
 
天皇杯をトーナメントを見て行くと
柏が負けたおかげで、次に勝てば、J2降格した大分が相手。
やりにくいと思うか、ラッキーと思うか。
  
柏以外も、苦手なチームは結構いなくなった。
天皇杯優勝への道が見えてきた。
ということにしておこう。
  
ポジティブ!!ポジティブ!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

天皇杯 栃木 撃破

天皇杯3回戦栃木SC戦
3-1で勝利
マルキハットトリックの大活躍

栃木の外国人を中心としたカウンターに苦しめられたものの、基本的に終始マリノスペース。

中澤・兵藤を完全休養させたし、俊輔&マルキも途中交代できた。
そのおかげで、控え組も出番を得た。

仁、ファビオがスタメン。
優平もナビ柏戦の勢い失わず。運動量でかき回す。

兵藤が広島戦無理そうだし、学もヨーロッパサッカー観戦ツアーで、コンディションは?
控え組が実戦経験を積めたのは終盤戦に向けて大きい。

見事、主力を休ませながら90分以内に勝つというタスクをこなした樋口さん。
言う事なし。

これ以上主力を外して、浦和みたいに負けたら元も子もないからね。

ナビスコ杯敗退し、3冠の夢潰えたが、天皇杯はまだまだこれから。
今年こそ元日国立!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ほっとした 天皇杯2回戦 八戸戦

5-1で勝利!!
得点者 藤田ハットトリック!!・兵藤・学

先制点を奪われたという情報に不安になったものの、逆転、その後大量得点。
とりあえず、ほっとした

哲・ボンバー・ドゥさん・俊輔・マルキ・中町のスタメン組を休ませての勝利。
樋口さんの決断に感謝。
俊輔は切り札としてベンチに入れてたけど、使う展開にならなくてよかった。

<スタメン>
六反・パンゾー・ファビオ・勇蔵・奈良輪・熊谷・富澤・兵藤・優平・比嘉さん・藤くん

まず注目は我らが比嘉さん。
練習時代ハットトリックしたその攻撃力は、サイドバックとしてより、サイドハーフでの起用がベストなのか?

守備が駄目なら仕方がない。SBはまず守備。
長友くんもインテルでサイドハーフやってるし、「長友2世」もそちらの方向性でいんじゃない。

そして、サブに飯倉!!
ようやくここまで来た。お帰り。

また、代表では不完全燃焼だったであろう学。
前日の悔しさをゴールという結果ではらした。お疲れ様。

<次節に向けて>
セレッソ戦 この調子で爆発してほしい。


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (201)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (31)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (44)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム