2017-05

決勝トーナメント進出 関塚ジャパン

1-0 永井のゴールでモロッコに勝利し、2連勝!!決勝トーナメント進出を決めた。
一方優勝候補スペインは予選敗退。サッカーは何が起きるか分からないとつくづく思う。

モロッコ戦は、スペイン戦とは違い、むしろ普段のサッカーでしぶとく勝った。やはり、吉田&徳永加入で、弱点であった最終ラインの安定がチーム力の向上につながった。

また、山口の成長度には目を見張るものがある!!今日の試合も攻守両面で目立っていた。A代表に割って入っていくかも。

一方、我らが学は未だにこれといった点に絡むプレーができていない。杉本や宇佐美に比べて出場機会があるだけましだが...

次の試合は、疲れを考えて、控えメンバーが多くでる可能性は高いが、ブラジル戦を避けるためには1位にならないといけないため、最低でも引き分けにする必要はある。が、ホンジュラスも1位になりたいはず。どういうチーム構成にするか気になる。学はカード1枚持っているだけに...

さぁ決めてくれ!!
さぁ決めろゴール!!
突き刺せ学ゴール!!


スペイン戦 世界を驚かせたぞ!! ただ学は...

大津のゴールで1-0で勝利!!やったぜ!!関塚ジャパン。
優勝候補からの大金星ではあるが、奇跡でもなく、勝った。

なでしこに比べて、注目度の低さや期待されてなさったるや、酷いものがあったが、これで少しは改善されそう。

ただ、早くも大津だけが取り上げられている状態...決定機をはずしまくったとはいえ、マン オブ ザ マッチは永井だと思うが。

しかし、オリンピックの一瞬だけ、アホみたいに取り上げるメディアの報道スタイル、そしてそれをただただ見てしまう視聴者という状況に辟易する。継続した報道によるメディア露出が,
スポーンサー獲得し安定して競技に打ち込める選手たちの環境作るために大事なのだが...

試合内容は、スペインが、永井のスピードによる前線からの守備にリズムを狂わされた印象。レッドカードで1人少なくしたのもチームを助けた。ただ、永井&清武&東は決定機を何度となくつくり、はずした。

まず、言いたいのが永井をなめるなっていうこと。これで驚いているようでは、スペインはあきらかに研究不足。マリノスは何度も痛い目みているから、分かっているが、あのスピードは驚異。間違いなく欧州の強化部が永井獲得へ動くだろう。

そしてJリーグなめんなってこと。スタメンはJリーグ勢中心でやれた。欧米への偏重しすぎ。たしかにゴールを決めたのは、海外勢の大津ではあったが。宮市、宮市とアホの一つ覚えみたいに言う奴らこの試合をみて、まだ言えるのか。ただ、宮市くんは、まだまだこれからの選手だから期待はしているけどね。

一方守備陣は、吉田を中心に良く守った。あのマヤさんが頼もしく見えるとは。しかし、スペインはやっぱり、イニエスタやシャビという違いを作る鬼才がいない弟分となるとこんなものなのかという印象。ただ、スペインは、チアゴという中心プレーヤーを欠いていたのが助かった。

しかし、ゴールを決めるチャンスがあんだけあったのに決められなかったのは、得失点差の問題になった時に問題になるかも。ただこれで、1位通過できる可能性が大きく膨らんだ。2位だとブラジルと決勝トーナメントでぶつかる可能性があるだけに、スペイン勝利したのだから、何がなんでも1位で通過したい。クラブW杯やJでの印象からすると、フッキ&ネイマールの個人能力は1試合すべてをさすがに抑えられないと思う。

一方、学はというと、流れに乗れなかった印象。空回りして、いらないスライディングであやうくレッドカードになるところだった。反省。ただ、思いっきりの良さが消えないでほしい。次の試合こそ輝け。
突き刺せ!!学ゴール!!

ジャイアントキリングを起こすためには 学 先発もありえるぞ

五輪代表メキシコ戦2-1 同点においつつかれるも、大津のスーパーゴールで突き放す。スペイン戦を前に強豪相手の勝利は自信になる。

前半は、ラッキーゴールで、なんとか先制するものの、さすが北中米の雄、メキシコ パスのスピード、トラップ&シュート精度の高さ、世界レベルってやつを感じた。

特に徳永のサイドをいいようにやられ、宇佐美も孤立&消えていた。宇佐美も守備に回らないといけなかったのに、攻撃のためにあまり下がらなかったことと、徳永の位置取りが少し低く、受けに回っていたことが原因。

そんな中、学は後半頭から出場。前半の反省をいかし、時に最終ラインまで下がって守るなど、守備面で貢献した。やはりその部分も評価されて選出されたんだと思う。

初戦スペインはもっと押し込んで攻めてくるだろう。そんな中、学の守備への意識の高さを見ると先発起用する可能性は高いはず。ただ、攻撃的に仕掛ける回数は少なくなり、その点が不安。

また、扇原&山口のボランチコンビがゲームをコントロールできていないことと、セットプレーの期待が薄いことが気がかり。

しかし、いまだに、先発がみえてこないまま、本番を迎えてしまった。1トップは永井?大津?杉本? トップ下は東?宇佐美? 徳永のポジションは?と完成していない。

正直ベラルーシ戦は学も先発で出ないし、長距離移動の疲れから連動性もなく、相手も攻めてこないからつまらなかった。このメキシコ戦でようやくエンジンがかかってきた。

ジャイアントキリングを起こす、つまり強敵に勝つためには3つの力が必要
①相手のミスを利用するなど、少ないチャンスを逃さないこと
②スーパーゴールもしくはスーパーセーブをすること
③運

今日のメキシコ戦ではあてはまり、伊東のラッキーゴール&GK川口スーパーセーブ連発のアトランタのブラジル戦もそうだった。本番でも3つの力が出てきてほしい。

起こせ!!ジャイアントキリング!!
期待してるぜ!!関塚JAPAN!!

五輪 壮行試合 なぜ出さないんだ 監督!!

オリンピック前国内最後の壮行試合1-1の引き分け
それも試合終了間際のミスによる失点...

攻撃に関しては、流動的なサッカーは魅力があるものの、逆に、誰がゴールを決めるとか、あまり形がみえない、掴みにくいサッカーをしている。

永井選手は調子抜群で、今のところ世間希望の宮市くんをギャンブル的によぶよりも、むしろいいプレーを見せつけてくれた。あとはゴールだけ。

ただ、東選手がもっとゴール前に入っていかないと決定機は増えないだろう。また、ボランチコンビがもっとゲームを緩急をつけたりしていかなければならない。ボランチには、OAを呼んでないので、扇原・山口にかかる責任は大きい。

jリーグのメンバーも負けていないぞというところを見せてほしい。

今日は、吉田、宇佐美、高徳が出場せず、本番では違うスタメン、さらにパワーアップできると思うので、そんなに心配はしていない。

しかし、問題は学の起用方法だ。
バックアップメンバーが、先に試合出場するというよくわからなさ。それも途中出場した山崎はタイプ的に似ている。なぜ実戦でためさない?

本番でもラスト5分ぐらいしか使わないとか、分析を恐れてとかあるだろうけど、納得いかない。

山崎が出場した瞬間、ズコっ!!何しに学の出番を待ってたんだという怒りにも似た気持ちになったマリサポは私だけではないだろう。

学はワンチャンスしかなかったが、それを決めるしか今の状況を打破することは難しい。難しい立場だが、頑張れ。ゴールの楽しみは本番にとっておこう。本番でこそ決めてくれ!!

日本中に知らしめてくれ、カモメッシ 学!!

学 オリンピック代表選出 おめでとう!!

オリンピック代表が発表され、マリノスからは、学が代表に選出された。

正直、当落線上だったと思うが、トゥーロンでの活躍が大きかった。逆に、大会でいまいち、またはA代表との兼ね合いで出なかった選手は落選した。

一方、予備メンバーから落ちた、小野、金井に続き、比嘉、宏太も落選。
宏太は、トゥーロンでいまいち、比嘉は、マリノスで試合出ていないことが大きかった。

オリンピックメンバーを見て気になる点
①大迫、原口、宮市 落選
大迫は、オリンピック代表のエース格と思っていただけに意外だった。
原口はA代表に呼ばれて、トゥーロンに行けなかったことが、学との違いになった。浦和でも今シーズン、スタメン出場が少なかったのもあるかもしれない。
宮市は結局呼べない事情があったのと、永井が好調なため、一度も呼んでない選手を選出するという賭けをするほどのレベルではなかったということか。

②杉本、山村&村松 選出
杉本に関しては、サプライズ選出。センターFWは、指宿、大迫の一騎討ちと思っていただけにビックリ。
山村&村松はどちらか一方が選ばれると思ったが、両方とは....
サイドバックは、W酒井&徳永でなんとかしのぐつもりなのだろう。

このメンバーとバックアップメンバーGK林DF大岩MF米本FW山崎を見ると、関塚ジャパンの本大会での戦い方が見えてくる。

本大会での苦戦を予想して、今までの4-2-3-1ではなく、4-3-3のシステムにするのではないだろうか?つまり、南アフリカでの岡田ジャパンのような戦い方を選ぶのではないか。

だから、アンカーができそうな山村、村松の二人も入れ、バックアップにも米本を入れていると思う。
また、FWも前田を選ばなかった岡田さん同様、肉弾戦において世界では厳しそうな大迫をはずし、スピードのある永井や高さのある杉本をいれたのではないか。バックアップにも大迫が入ってないことからも感じる。

ただ気になるのは、安藤選手。一番信頼されていないのが、権田選手の怪我した場合の保険でOA入れられた面からもわかる。

基本予想スタメン
GK権田
DF宏樹・徳永・吉田・高徳
MF扇原・山口
FW清武・大津・宇佐美

攻撃的な交代カードで学&永井&杉本がつかわれるのかな。

頑張れ!!学!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (191)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (14)
2017年 ルヴァン杯 (6)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR