2017-04

呪縛からの解放 大宮戦 感想

鬼門NACK5で大宮相手に3-2勝利!!
得点者 下平・優平・藤田 
マン・オブ・ザ・マッチ 俊輔
 
マリノスらしくない試合。
先制→同点に追いつかれる→逆転される→同点に追い付く→ロスタイム逆転の決勝点
まさにシーソーゲーム
 
普段なら1-0や2-1ぐらいが多いし、そうなった方が良かったのかもしれない。
が、久々に見てて楽しかったので、個人的にはOK!!
 
最近、マリノスの試合つまらなかったからね。
俊輔が躍動するとやっぱおもしろいわ。
 
にしても、10位の呪縛・鬼門NACK5の呪縛・決めれない呪縛からついに解放された。
 
リーグ戦NACK5でようやく勝ち、8位の左側浮上。
大宮調子いいし、天気も悪かったけど、逆に勝てそう な~んて気がしてた。
今シーズン大宮にリーグ戦2勝と、相性の悪さを克服したのかも。
 
そして、優平のリーグ戦初ゴール、漢になれない男・藤田のゴール
中々決めれなかった2人が決めた。
これで、勢いにのっていければいいね。
にしても、藤田は年2回ぐらい活躍する。ジローさんみたい。 
 
それに、古巣相手に活躍したのは藤田だけじゃなかった。
 
まずは、下平 
ようやく良さが出てきた。
 
今まで垣間見えたFWへの楔のボールだけじゃなく、相手DFラインの裏のスペースを突くセンスのいいパスが出てた。
おそらく左サイドでコンビを組む優平との相性がいいからだろう
 
普段コンビ組む学は、基本足元に欲しがるからね。
それに、SBがオーバーラップして相手がチェックする選択肢を増やさせ、自分がドリブルしやすい環境を作るとか、ワンツーとか2人で崩すプレーがSBをできると、より能力を発揮するし。
 
いずれも、下平あんまできない。
優平は、フリーランが武器だから、相性いいんだろう。
色々できてくれたら助かるのだが...
 
そして、元大宮の監督でもある樋口さんも古巣相手に、一矢報いた。
藤田の交代策がようやく実を結んだ。
まぁ、なんで藤田なんや って正直思いましたけどね。
 
一方、気になったのが、伊藤の役割の変化
他のブログで指摘されていて、気にして観察していたのだが、確かに違う。
 
前は、マルキのように、守備して、ポストプレーして、ゴールを決めることを求められていた。
が、結局は、我武者羅に守備に走る、ポストできずサイドに流れる、シュート打てず。
というのが、今までの伊藤だった。
 
今は、結構真ん中でDFラインの裏をついてゴールを狙うか、DFを引きつけて裏のスペースを生み出す動きに終始してる。
このおかげで、優平だけじゃなく、藤本もいい位置でボールを受けられるようになった。
 
が、この役割なら他のFWでもいい気がする。 
ゴール前のスペースを突く嗅覚・ボールを呼び込む動きが伊藤には足りない。
矢島・仁にもチャンスあるかも。
 
<次節に向けて>
脅威の10位力・残留力を打ち破った。
今後は、賞金圏の少しでも上を目指したい!!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

順位表が10位表になってる 清水戦 感想

清水戦 1-0勝利
だが、順位変わらず、またしても10位
何でや~
得点者 藤本
マン・オブ・ザ・マッチ 兵藤パパ 

ここ最近、
得点力不足さなかのラフィーニャ帰国
U-19日本代表世界への切符を逃す
奥大介氏 死去
と個人的にサッカーに関する残念な事が続いていたので、久々の勝利に少し助けられた。
 
ただ、1-0という結果にはまったく納得してない。
もっと決めれたはず。
4-0ぐらいは行けたんじゃない?
 
特に、優平
何回かチャンスあったのに...決めてくれよ。
速攻チャンスをパスミスで潰したシーンもいただけない。
 
前の試合から2週間。
味方を追い越しす動きをテーマに練習していたようだが、試合で上手く表現できていた。
 
そのキーマンとして優平は躍動していただけにもったいない。
 
途中交代出場した奈良輪も含め、結果・ラストの精度にもっとこだわって欲しい。
そうすれば、もっといい選手になれると思うし。
次節期待してます。
 
しかし、ほぼピンチもなく、一方的に攻めたマリノス。
が、そこまで良かったか?
 
どちらかというと、エスパルスが悪すぎって気がする。
天皇杯もあったから、動きが悪いってのもあったとは思うが、残留争いをしているチームとは思えないほど、気持ちが全然見えなかった。降格危機にありながら、必死さが全然伝わらない。
 
1点のみのリードだったけど、最後も結構あっさり勝てた。
正直、あんだけマリノスがチャンスに決めきれなかったし、並みのチームならワンチャンス生かして引き分けに持ち込まれちゃうパターンだったと思う。
精神的支柱になるベテラン不在の影響?
 
これじゃ残留厳しいんじゃない。
残留争いのライバル大宮と比べると、経験の差を感じるな。
むしろ、大宮・脅威の残留力の凄まじさ。
 
次節、大宮戦 気をつけねば。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ないない 鳥栖戦 感想

鳥栖戦 0-1負け
解説がタマジュン氏だったので、ロスタイム何かがおきるかと期待したが...
結果も含めイライラしただけでした。 
 
それにしても、
決めれない セカンドボールも奪えない 崩しのアイディアもない 個人技での突破もない 監督の采配もさえない 活躍する若手もいない
そりゃ勝てない。
ナイナイ尽くしでどうしょうもない。
矢部っちFC見る気しない。
 
ラフィー・学・俊輔・小椋・マチ・勇蔵、そして怪我明けでベンチのパンゾー
これだけ抜けるとやはりきついね。
主力抜けても何とかできる監督でもないし。
 
このメンバーで勝つには、1-0しかないと思ってただけに、前半の失点は痛かった。
 
鳥栖のエース・豊田選手はチャンスを逃さず決める力あるよね。
簡単なゴールではなかったのに、流石としか言いようがない。
ゴール以外は結構抑えてたんだけどね。悔しい
 
翻って、我らがFW陣伊藤・藤田・矢島
3人そろっても、ひとつも決められやしない。今日も決めるチャンスはあったやろ。
 
リーグ戦27試合終えて、3人でたった6ゴール 
3人とも仁と比べて結構チャンスもらってるよね。
生え抜きユース組のチャンス奪ってるんだから、それなりに結果出してよ。
 
特に伊藤はスタメンでほぼ出てるんだから、もう少し決めてくれ。
ゴール以外での貢献は認めるけど、やっぱFWに求めるのはゴールだよ。
 
他のFWも練習試合でのプレー見てても、期待できないな。
まぁこのレベルのFW陣じゃ厳しいってのはシーズン前から分かってたけどさ。
 
途中加入したラフィーニャが爆発してくれたおかげで、なんとか中位にいれてる。
8月あった徳島・川崎・仙台戦の3連勝がなかったら、マジで今危ないよ。
 
ここ最近PK・セットプレーしか点決めれてない。
ラフィーニャいないと勝てる気がしない。
ラフィーニャ 早く戻ってきてくれ!!
 
しかし、FW陣に限らず、今シーズン開幕前の補強は効果的じゃない。
 
俊輔不在時こそ、藤本には頑張ってもらわなきゃいけないのに。
存在感薄すぎ
 
もっと攻撃陣を引っ張ってくれ。もうちょっとできると期待してたんだけどな。
後半戦、ぱっとしてない。頼むよ。
 
<次節に向けて>
残留争い真っ只中の清水が相手。
気持ちで負けるな
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

今の限界 甲府戦感想

甲府戦 0-0引き分け
 
この試合の感想として、
放り込むだけでつまらない アンチフットボール 
という厳しい意見もあるだろう。
 
正直、このサッカーでは客が増えないかなとも思う。
が、つなぐだけがサッカーじゃないでしょ。
 
個人的には、今の自分たちの実力を過信せず、やれることをやりきったことに関しては評価したい。
前回対戦時みたいに、ちんたらボール回して終わるよりか全然まし。
シュートを積極的に打つとか、チーム全体のアグレッシブさは感じたし。

まぁ、ラフィ・俊輔・マチ不在、学不調でベンチじゃしょうがないかな。
 
ただ、このメンバーで放り込むサッカーをしても、J1下位のチームから点が奪えないし、勝てない。
柏とのナビ杯第二戦のやり方に近かったが、この試合でも流れから点が取れなかった。
結論としては、J1で通用しないサッカー×メンバー
 
ただ、決してこのやり方が悪いわけじゃない。
チャンスを得点に結び付けられない選手の力に問題がある。
 
この試合でも、矢島のシュートシーン・仁の突破は可能性はあった。
てゆーか仁 FWならあそこで逃げんなよ。
結果で樋口さんを見かえせよ。

 
柏戦でも、伊藤・奈良輪が枠内に入ってればというシーンもあったし、やっぱ間違いとは思えない。
チャンスが少ないっても、強引にチャンスを作りだせない非力さが悪い。
スピードやパワーでDFをなぎ倒せばいいだけ。
クロスの質をあげればいいだけ。

 
選手個人の実力がはっきりした。
まぁ、本当はそういう選手がいなくても崩せる策を樋口さんが授けるべきだけどね。
もう3年目なんだし。
 
柏戦の3トップ失敗の反省か、選手交代させながら攻め方を変化させようとしたのは悪くないが、結果的に選手達に浸透してない。学いるのに変わらずロングボール。あれなら、ファビオだったかな。
まぁ結果論だけど。
 
そもそも、このやり方に自信ないのか、いつもより交代めちゃ早っ
まぁ、俊輔いないと途端に交代早くなるよね。樋口さん。
 
けどさ、いつもマリノスがベストな布陣でボール保持できるわけじゃない。
優勝やACLを勝ち抜くには、放り込みサッカーや控えメンバーでも勝ちゲームにしなきゃいけない。
薄い選手層、高い理想では優勝できない。
 
来年、本当に優勝を目指すのならば、大きくメンバーを変えなきゃ無理かな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ベテランに甘く 若手に厳しい 広島戦 感想

広島戦 1-0勝利 
得点者 伊藤(PK)
マン・オブ・ザ・マッチ 小椋

とりあえず、連敗ストップ 
最近広島とは相性イイね
 
名古屋・鹿島戦より内容は良かった。
複数人がボールに絡む攻めが出るなど、多少工夫は見えた。
ただ、決定的なチャンスが生まれたかというと?
 
伊藤のPKも微妙な判定だったし...
ただ、あそこのスペースにパスしたのが、途中出場の優平
 
干され続けて数か月、ようやく掴んだチャンスで結果を残した。
持ち味の運動量を生かした、気持ちの入ったプレーが随所に光る。
 
まぁ、出ればこれぐらいのプレーはできる選手だよ。
もちろん、後半頭で俊輔交代&優平投入には、二重で驚いたけどもさ。
今までだったら、俊輔に代わり藤本というパターンだったし。
 
一方で、プレーの質は全体的に粗かった。
正直、ポジション・プレースタイル的に似たライバル兵藤・三門に現時点では、負けている。
 
特に、ベンチ入りできないのは、三門のユーティリティー性の部分での差が原因。
ただ、兵藤が出れない時などは積極的に使うべきだとは思う。
じゃなきゃ、伸びる選手も伸びないよ。
 
しかし、樋口さん 
ベテランに甘く 若手に厳しいよね
ベテランがどんなに結果残さなくても辛抱強くつかうのに、若手がミスすると使わなくなる。
普通逆じゃない?
 
正直、小野裕二みたいなメンタルを持つか、学みたいにJ2で圧倒的な武器を磨かない限り、難しいよ。
 
だいたい、前半で代えるぐらいなら、俊輔を無理して使うなよ。
学もここ最近全駄目なんだから、スタメンから外したっていいんじゃない。
そうすることで、競争が生まれるし、チームが活性化するでしょ
 
<次節に向けて>
あと1つ勝てば、過去のデーター上残留がほぼ決まる。、
早いとこ、未来への希望を抱かせるようなチーム作りに着手して欲しい。
それが、樋口さん続投のわずかな可能性じゃないかな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (188)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (10)
2017年 ルヴァン杯 (4)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR