2017-03

サンキュー ケイマン!! 興奮MAX

東京戦1-0勝利!!
得点者 富樫
マンオブザマッチ 富樫



大興奮!!
引き分けも覚悟していただけに、あの時間帯でのゴールは痺れる。
雄叫び アドレナリン 爆発!!

俊さんもナイスクロスだし、富樫も良く決めたよ。
マリノスで初めて特別指定の意味があったなぁ。

それにしても、FC東京のブロックは堅かった
こじ開けるとしたら、本来相手のミスかセットプレーしかなかった。
というか、逆にこっちがじれてやられる展開も十分ありえた。
現にファビがリスク犯して上がっていたし、前田選手の決定機には冷や汗

得点シーンも東京側に一瞬の隙が特にあったわけでもなく。
そこしかない所へクロスを上げた俊輔を褒めるべき。

しかし、東京ってこんなチームだったけ?
サイド攻撃主体の時代やパス主体の時代はあったとは言え、攻撃性を売りにした娯楽性の高いチームだったのに。
今シーズンマリノスとの2試合両方とも塩ゲームでめっちゃ残念。
世界的な流れとはいえ、つまらんチームに… 
まぁマリノスが言えた立場じゃないけどね。

それにしても、この勝利は本当にデカい。
年間リーグ3位の東京との直接対決勝てなきゃチャンピオンシップ出場の可能性は潰えていた。

残り6試合
我らがひょうちゃんも復帰。
逆襲だっ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ゲームは壊された

新潟戦1-1引き分け
得点者 アデミウソン



相手に退場者2人出たのに勝てず。
逆転できるかもと期待したが…

新潟戦、俊さんの超然スルーパス&ポスト直撃のFK、アデミのスーパーゴールとか良いモン見れたし、仲川のリーグ戦デビューや特別指定富樫くんのベンチ入りという見所もあった。

だが、
判定が一貫してない審判
キッカーを不在にする不可解采配
そしてうざい解説

によって、両チーム良さを出し合う好ゲームがスッキリしない展開に。
後味悪いな

失点シーンもなぜフリーで決められたのか?
テレビでは、パンゾーが倒れている理由も含めよくわからず。

追記 やべっちFCで見るとパンゾーがポジション取りで後手踏んだ模様

何だかなぁ。
ビックスワンは鬼門なまま…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

才能は戦術を凌駕する 浦和戦感想

浦和戦 4-0 快勝
得点者 俊輔・学×2・ファビオ
マンオブザマッチ 俊輔



1ヶ月前に同じ場所で清水相手に情けない逆転負けを喰らったチームとは思えない。
1st無敗の浦和相手に4得点も奪って勝つ姿は想像できなかった。

そして無失点
中断明け最初の試合は不安定な守備だったが、連勝を重ねるうちに危険な時間を凌ぎきる力がチーム全体から出てきた。安定感を増したファビの成長も見逃せない。

これで今シーズン初めて上位チーム(広島・浦和・東京・鹿島・東京・川崎)にようやく勝てた。
前回連勝時もホームでG大阪に勝ちきれず、そこから勝てなくなった。
やっぱり上位相手に勝てるか勝てないかは大きい。

あのG大阪戦もロスタイムに追いつかれたが、内容は悪くなかった。
問題は、チャンスに決められるかどうかの部分。

浦和戦だってそういう展開になってもおかしくなかった。
伊藤・アデミは相変わらずシュート枠外多かったしね。

違いを分けたのは、俊輔の才能
本当に素晴らしいFKやった。

そこまでの流れとか関係なく、ゴールを奪える。
戦術に合う合わないを気にしていたが、ゴールを計算できる武器を前にして使わないという選択肢を選ぶ監督はそうはいない。
コンディションさえ整えば、起用したいわな。

そして起用に応える俊輔もさすがだわぁ。
監督の戦術に合わせつつも、最終的には自分の色をピッチ上に表現する。
歴代日本代表監督に基本的に重宝され、海外でも活躍した選手は違うわ。
槙野ヘアーに髪型変えんでも凄いわ。(やべっちfcの対談最高だった。やっぱ槙野選手はエンタテイナー。ただし、マリノス的には健太・富澤ヘアーや)

やっぱ経験の差なのか。
ボンバーもそうだが、あのクラスの選手は他のJリーガーとは一枚も二枚も上を行く何かを持っている。同じ定規で計ることはできないと痛感

学もそういう領域に入って欲しい。
この試合のようにコンスタントに決定機をきちんと決めてくれれば自ずとなるはず。
やっぱ代表にマリノスの選手が一人も選ばれないっていうのは悔しい

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

本当の強さなのか? 

鳥栖戦 2ー1勝利!!
得点者 伊藤・ファビ
マンオブザマッチ 飯倉



ラフィー&喜田不在で苦戦覚悟の試合に逆転勝ち。
最後は押し込まれてヒヤヒヤしたけどね。飯倉に救われた。

ラフィーいないこともありスピード感は薄れたが、俊輔らしい精度の高いキックから決勝点。ラフィーがいないなりの戦い方での勝利は次につながるか。

しかし、俊輔トップ下スタメンはうれしい驚き
一方で色々試したいのはわかるが、軸はある程度固めて欲しい気持ちも。
怪我人多いとはいえ連勝中だし、トップ下三門を崩さないのかと思ったけどねぇ。
 
それにしても、今年は負け無しの時期、勝てない時期がくっきり。
運なのか相性なのかメンバーなのか。
今ひとつ原因や理由がはっきりしない。

強くなってんのか、半信半疑
まあ俊輔や勇蔵への扱い見る限り、樋口さんより控えへのフォローしているとは感じる。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ラフィーが元気なうちに 

甲府戦2-0勝利
得点者 三門・ラフィー
マンオブザマッチ 三門



久々に負ける感じがしなかった
前回の甲府戦は何に苦しんだんだろう?

引きこもって守る相手に早い段階で先制奪えたのもあんのかなぁ。
バレー選手へのロングボール攻撃はウチのDF陣のカモだしさ。

ただ負ける感じはしなかったとは言え、決定機逸多すぎ。
学・アデミ 頼むよ~

ラフィーがまた怪我にならないとは限らないだけに、学・アデミが決定機にきちんと決めてくれなきゃ困る。
ああいったシーンを数多く見せられるとラフィーが元気なうちに勝ち点奪わないと、という気持ちにさせられる。
それにラフィーまだ90分持たないから、出てる間にリードしとかなきゃヤバいしさ。

さらに三門だって60分ぐらいしか持たないようなタスク託されてるわけで…
先発組の戦い方は1試合通しては難しいぜ

というかトップ下のポジション
裏への飛び出し・前からのプレスなどボールを持たない場面での負担半端ない。
さらに決定力まで求めるなんて。
前の3人をある程度攻撃に専念させるためとはいえさ、厳しいポジションだなぁ

運動量だけじゃなく、ある程度ボール奪取力を持つ三門だからこそ出来ること。
ボールを持っている場面でこそ輝く俊輔には根本的に合わない。

監督は俊輔の力を上手く生かしたいと考えてはいるだろうけど。
今日みたいな展開での途中出場しか今はなさそう。

けどまぁ、
とりあえずホームで久々トリパラ回せたから良しとしよう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (187)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (5)
2017年 ルヴァン杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR