2017-08

何とか凌いで、粘って決めた

ナビスコ杯 新潟戦1-1引き分け
得点者 仲川



何とか引き分けに持ち込んだ

終盤は間延びし、打ち合いみたいな状況下、ギリギリ凌ぎきる。
やられたと思った決定機もあり、冷や汗かきまくり

勝てるチャンスがなかったとは言えないが、とりあえず引き分けで御の字

マルちゃんトップ下?中央?とか試したけど、やっぱ仲川待望のブロ初ゴール。
期待の男がようやく決めた。

密集地 あれは良く粘ったね~
賢星や遠藤 他の選手も続いて欲しいわ。
嗚呼、カイケもヘッド決めたかった。

ナビスコ杯予選突破まであとちょっと
何とか突破したい

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

リーグ戦につながるかは微妙

ナビスコ杯 アビスパ戦 2-1勝利
得点者 兵藤・伊藤



一言でいえば、レベルの低い試合
それも、両チーム共々。
劇的な展開に喜ぶ声に水を差すようで悪いが、久々の勝利とは言え、諸手を挙げて喜ぶ気にはならない。

この試合、救世主となりそうな選手が出てくるかと期待したが...
カイケは相変わらず、仲川は遠藤並みに決定機逸、兵藤もスタミナ面に不安を露呈
数少ない収穫は三門が復帰したこと、賢星のロングキックぐらい。

結局、頼れちゃうのはなんだかんだで伊藤翔のまま

試合展開も、あっさり失点して堅守復活の兆しすらなく。
ゴール前のしょうもないミスからあわや失点シーンには目を覆いたくなる

もちろん、今必要なのは勝利というのも重々承知している。
この勝利によって、ナビスコ杯予選リーグ突破の可能性が高まった。

ただ、この勝利がリーグ戦に結びつくかは甚だ疑問。
監督の方針でナビスコは控え主体のチーム構成。
リーグとナビスコはある種別のチーム
今シーズン振り返っても、あまり関係しているようにも思えない。

だいたい、監督そのものがナビスコでの勝利にこだわっているわけでもない。
勇蔵やパンゾーといった選手を下げたのは、リーグ戦への疲れを考慮したため。
勝ちに行くための戦術的交代ではない。

正直、スタメンは若手主体でもいいが、勝負にこだわらない采配は疑問だ。
負けが混んでいるチーム状況、ナビスコでの勝利で勢いを生んで欲しいとか別にしても、公式戦なんだし。

週末の神戸戦につながるかどうか。
勝利した後の選手たちの笑顔 
そこが希望かな。

正直、雰囲気頼み...

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ナビスコ杯は大事な公式戦なんだよ

ナビスコ杯鳥栖戦1-0勝利!!
得点者 伊藤翔



控え組のメンバーで主力メンバーの揃った鳥栖相手に勝てたのは大きい
藤田のエリア内ハンドというラッキーな側面があったとはいえね。

まぁ最後は冷や冷や
ブロック作って守って鳥栖にボールを回させてる感じだったが、時折崩れてピンチを招く。
中盤にボールを奪える力のある選手が不在、守備の連動性もないでは仕方ないかな。

一方で、攻撃は複数が連動するプレーをいくつか見せた。
レギュラー組が見せる攻撃とは違うので、どこまで監督の指示だったのかは?
だが、アマジュン&仲川&前田の二列目に兵藤やSBが絡みアイデアのある崩しは面白い

前田の良さや生かし方、仲川のシャドーストライカーとしての側面、アマジュンが出来ること出来ないこと、高野くんの堂々としたプレーぶり
色々な発見があったのは大きな収穫

そして、それ以上に大きい勝利
忘れちゃいけない ナビスコ杯は大事な公式戦
若手の成長だけで満足しちゃダメ。

レギュラーを奪うにはもっと もっと!!
期待してるよ

P.S 和田をもう少しフラットな状況下で見てみたい。
劣勢を跳ね返すだけの力がまだないというのも確かだが…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

良いことばかりは続かない

ナビスコ杯 柏戦 1-3で敗れる
得点者 ケイマン



今季公式戦勝ちのない柏に逆転負け
攻めは最後の精度を欠き、守りはセットプレーから2失点。
うーん

早い段階で先制したし、柏も良くなかったから勝てると思ったんだがなぁ。
メンバー総取り替えのナビスコ杯、若手の成長を我慢強く見守るのはわかってるが、ちょっと悔しいな

この試合の収穫というか、スタメン争いの挑戦権を得たのは兵藤とケイマンだけ。
兵藤の攻守に戦う姿勢、ケイマンの3戦シュート3本で3ゴールは素晴らしい

あと強いてあげるなら仲川
ただ、目に見える結果が欲しい所

ボールを持った時一番可能性を感じた仲川 ゴール以外は…のケイマン
悩ましい

まぁ、それ以外のメンバーは…
正直、勇蔵にはもっと引っ張って欲しかった
試合勘がないのかな?これじゃボンバーやファビからポジション奪取は難しいね。

勇蔵も今年で33歳
ボンバーに隠れているが、普通に考えれば世代交代されてもおかしくない年齢。

淡々とやってればいいわけじゃないよ。
強化指定の高野くん(出場オメ。プロでも十分通用しそう)みたいな立場じゃないんだからさ。仮にもキャプテンマークをつけてんだから、しっかりしてくれよ。

これでナビスコ杯最下位転落

リーグ戦3連勝・新外国人選手獲得・学のA代表、そして前田、ケイマン、遠藤、和田の年代別代表候補入りと最近良いことばかり続いていたけど、そんな世の中甘くないわな。

気を引き締め直してリーグ浦和戦に挑みたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ボコボコ

ナビ川崎戦 0-0引き分け



リーグ戦のメンバーを総入れ替えし若手主体で臨んだ試合
後半は多少持ち返し、守備陣も最後まで集中力を切らさず奮闘したのは確かだが、相手も控え主体にも関わらず、一方的に攻め込まれた(特に前半)のはいただけない。

ボランチと二列目の間が空きすぎ&相手の切り替えが早いため、中盤の攻防劣勢に。

もちろん、控え主体だからという点を差し引くべきとは言え、昨年のリーグ戦以上に、防戦一方な試合にはなった。

そうなった理由は簡単
①前線でタメを作れない(アデミ・俊輔のキープ力)
②レベルの高いロングパスが出せない(俊輔・下平不在)
③ボールが奪えない

③は別として①②に関しては、この日のメンバーなら伊藤翔やアマジュンが頑張らないと厳しい。

伊藤翔は、決定機を外したシーン以上に周りを使うプレーや体を張ってキープしようという意識が少なかった点が問題。

ケイマンやカイケ加入によって激化したFWのレギュラー争いに勝ち抜けないぞ。

あと、アマジュンはもう少しボールに絡まなきゃ。
和田や前田にも問題あるかもしれないが、経験や年齢を考えるとアマジュンが引っ張って動いて欲しかった。

まぁ、和田も消えてたし、前田もサイドで張って裏でボール受けるようと指示通りやったんだろうけど、相手からすれば狙いがバレバレ。
時折見せる彼らの持つ技術の高さを考えるともったいない。

哲の好セーブやパクに目処がたった点は好材料だが、課題ばかり目立った試合に。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (197)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (23)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (41)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (6)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム