2017-06

3年目で内容なくても勝てばいいって悲しい

甲府戦1-0勝利
内容× 審判×な後味悪い試合
後で見返せば翔さんのはオフサイドじゃないし、ミロシュのプレーは相手PK。

とりあえず、金井謎のオフェンス能力発動に助けられた。
本職の方では謎のポジショニングは相変わらずだが、ゴール前冷静なプレーで2アシスト未遂
喜田・アマジュン決めろ。

まぁ、そんな感じ。
これ以上、内容についてはコメントする気もおこらん。

連敗ストップしただけ。
3年目で内容なくても勝てばいいって悲しい。
残留争いに巻き込まれないためにも、上位進出するにも勝ち点3取ることは必要だけどさ。
もはや何に期待すればいいのか?

こんな試合いつまで見させられるの。
この街にシャーレをなんて恥ずかしくて俺は歌えないわ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

チームとして戦えてない

鳥栖戦0-1で敗れる

点が取れないチームがミスで失点していたら勝てん。
パス出した松原もパス受けた扇原もボンヤリしていた周りも集中力が欠けてる。

もう絶対落とせないぞという気持ちが試合開始からあったのか?
敵が狙っていたのに…

攻守において、個人任せでチームとしての部分がまったくできてない。
だから、ちょっと研究され対策を立てられただけで、まったく上手くいかない。

学が中に入ってプレーしたり、ビルドアップを変えたり、多少工夫はしていた。
ただ、各々のプレーイメージが共有されてないし、悩んでプレーするから判断が遅いし、テンポ上がらない。
2トップや山中に希望の光を見いだせたが、うーん

GW中他のチーム見る機会が多かったけど、マリノスが一番チームとして戦えてない。
なんでうちは複数連動したプレスや崩しができないのかと差を感じるばかり。

リーグ戦3連敗それも全て完封負け 内容はずっと最悪
現実的に優勝は口に出来ない状況に追い込まれた。
今シーズンもう一度目標として口にできるか、それとも違う言葉を口にすることになるか。

危機感を持て。
呑気に悪くは無かったというコメントを簡単に出すんじゃない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

閉塞感 打破する術は持っているか?

G大阪戦0-1で敗れる。



スタジアムに漂う閉塞感
ここ数節同じパターンだ。

戦術はサイドからの単騎特攻のみ
上手くいかなければ、セットプレーしかチャンスなくなり、1点取られて相手に引かれたら終わり。

他にも戦術あるのかもしれないが、それしか見えない。
リズム変えたりできるゲームメーカーもいない。
バックラインでしょうもないパスを回し、ボランチから縦パスは入らず、トップは孤立する有様。
相手からしたら、サイドさえケアすれば十分。

監督は現状を打破する術は持っているのか?
勝負の3年目 無ければ監督交代だ。

正直、現体制下になってから根本的問題は何も変わらない。
おそらく持って無いだろう。

なんとなく勝ったり負けたりでいつもの中位はもう嫌だ。

今足りない部分の答えはこの間の試合わかったはすなのに。

ルヴァン杯の新潟戦 周りを生かす吉尾くんが山中とのコンビで左サイドを制圧。
個人的には凄い良かったと思うし、リーグ戦でも生かして欲しいと思っていたが…
まったく良くなかった選手がベンチで、吉尾くんがベンチ外。

去年も兵藤がコンビネーションで崩そうとしていたが、その側面を活かそうとはしなかった。
結局、ああいうプレーは求めてないと暗に示しているようなもんだ。

今のやり方がワールドスタンダードかもしれないが、日本人の特性にあっているのか?
コンビネーションや連携を蔑ろにしていいのか?

蔑ろにする限り、上へは行けない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

サイドがイマイチじゃ勝てっこない

柏戦0-2で敗れる



金井のエリア内ハンドからという安い失点
そして、立て続けに追加点を許す。今のマリノスは言うほど堅守でもない。
攻撃も頼もしくなったアマジュンのセットプレーぐらいで、そのまま終戦。
柏のプレスにパスミスの山を築いた。

それにしても、生命線のサイドがほぼ機能せず
怪我で出場が危ぶまれた学はスタメンも本調子にほど遠く。
マルちゃん出停でスタメンの前田はドリブルでぶち抜くどころか、トラップでモタモタ、利き足持ち替えでモタモタ。
サイドの独力突破ありきの戦術で、それ以外ないのに、これじゃ勝てっこない。

何回も言ってるかもしれんが、両翼ともサイドに張らすのは?
それが原因でウーゴ孤立でしょ。

裏への動きとか守備とか足りない部分はあるけど、もう少しウーゴを生かしてやりたい。
今のままじゃ相当凄い選手じゃなきゃ無理だよ。得点伸びっこない。
密集地での動きとか良いからペナ付近で仕事させてやりたい。

そのためにも、両翼のどちらかは、いや右サイドは、ダイアゴナルにゴール前へ飛び込むタイプが欲しい。

個人的に、前田の打開力では…
むしろ開幕戦のゴールシーンのような回数をいかに増やすか。
後半もそういうシーンあったし、その方が本人にもマリノスにも良いと思う。

正直、サイド頼みではなく、違う引き出しを作って欲しいんだが…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

勝ち切るに徹底を

広島戦1-0勝利!!



得点者 ボンバー
マンオブザマッチ アマジュン

何とか勝てた
開始早々のセットプレーからの得点で逃げ切った。
追加点取れるチャンスに取ってくれれば楽だったのに。

どうしたんだ ウーゴ
最初の2試合で見せた決定力はどこへ。
孤立してシュート数そのものが少ないから、チャンスで力むのかな?
焦らないで。

勝ってはいるものの、内容悪い試合が続く。
勝負は紙一重

広島や大宮が今の順位にいることを想像できた人がいるか?
ボタンの掛け違いで泥沼に陥ることもある。

マリノスは若いチーム いつ陥ってもおかしくない。
なんとか今のうちに勝ち癖つけたい。

まだまだ勝ち切るために必要なことが徹底できてない。

マルちゃん 気分次第でプレスしたりしなかったり、勝手なプレーされても困る。
無駄なカードで次出場停止。
勝つためにすべきことを考えてくれ。
スタンドプレーはいらない。

アマジュンの泥臭い時間稼ぎみたら余計にね。
勝利への執念。逞しくなったよ。本当に。
ああいう意識を全員徹底。

いつも良い内容が続くわけじゃない。
だからこそ、簡単なチャンスを確実に決め、失点に繋がる安直なプレー、リスクを減らすかが大事。
難しいプレーを求めるわけじゃない。当たり前のことをきっちとやりきる。

気が付けば4位浮上
まだまだ優勝を目指せる位置にいる。

ウーゴ・マルちゃん 君たちの力が優勝するために必要。
頼むよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
マリノスへの思いを誰かと共有できればと思い、ブログを始めました。
拙い文章ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。

最新記事

カテゴリ

マリノス (193)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (18)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (1)
マリノス 補強・契約 (39)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (4)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム