2017-09

期待のニューフェイス

鹿児島城西高校のCB生駒仁選手加入決定

噂もなかったのでうちではないと思っててビックリ
高校生は履正社のFW町野くんぐらいかと、てっきり。

今年の高校生では東福岡の阿部選手と共に注目されてた世代別代表CB
身長185cmで高い身体能力が武器の九州男児 期待はデカい

現鹿島の植田を取り損ねたことが長いスパンで考えると痛いなぁとずっと思ってたので、ようやく近いレベルの大器を獲得できたのは大きい。
福岡の冨安選手とかエレベーターチームだし狙い目と考えたりもしてたが、育てる選手が西山くんに続いて2人も増えたので必要なし。

仁くん?生駒ちゃん? 将来が楽しみ

ボンバーから一つでも多く学んでくれ。

それにしても来季のCB陣容はどうなる。
正直、大怪我の新井、ルーキー2人は計算にはできない。
去年同レベルの評価やったG大阪の野田選手や磐田の大南選手とか見てもあきらか。

勇蔵も怪我がち
ジョンスは兵役が近い
ミロシュはここに来て評価下がる
ボンバーはアムロショック(案の定落ち込んでたが、baby don't cryや)

外国人枠ここに2枚使うのがベストなのか。
フロントは難しいぞ。

まぁ我々が悩んでどうなるわげではない。
とりあえず、今日の甲府に勝つのみ
3連勝で首位鹿島との差を少しでも詰め、直接対決で混戦に引きずり込む。
それだけや。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ウーゴ ウーゴ ウーゴ 

まず最初に途中で諦めかけたことを謝りたい。
ハットトリックのウーゴに感謝したい。
そして、現場に駆け付けたサポーターがうらやましい。

まさか2点差をひっくり返す力があるとは。
想像以上

平日開催で現場にも行けず、金銭的にスカパー未加入だから、ネットでちょこちょこ確認しつつな天皇杯
7時30分ごろ試合動いたかなと確認したら、よもやの2失点。
サイトのミスかと疑ったが、間違いない情報。

スタメンほぼ入れ替えてるとはいえ、
前節スタメンの学・飯倉・ジョンス、レギュラー格のミロシュ・ウーゴ・喜田・松原の計7人とメンツは揃っていた。

気がかりは、ミロシュとジョンスの連係・バブのボランチでの守備・下平と遠藤の試合勘といったぐらい。
まさかこんなに早くやられるとは思っても見なかった。
ボンバーがいないとこんなもんなのかとガッカリし、2点差を追いつくという難しさに絶望した。

8時、8時20分ごろとチェックするもスコアは変わらず。
1点返せばという気持ちはあるが、絶望感はどんどん増して行く。

そこから誤審っぽいPKから1点差、同点、延長後半ストライカーらしいゴールで逆転。
らしくないジェットコースター展開に戸惑うも、ネットを見て大喜びする自分がいました。

上位との2連戦に勝つことができなかったので、この勝利は弾みがつく。
もう一回上を目指していこう!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

逃げ切りじゃない勝ち切り方

柏戦1-1引き分け

残り8試合で首位と10差
可能性はゼロではないが絶望的に…

前半の出来はよかったけどなぁ
川崎戦の反省も生かしてたし、柏戦のスタメンが今年のベストだろうね。
ようやく学の今シーズン待望の初ゴールも生まれたのに…

後半相手がやり方を変えてから上手くいかなくなりトーンダウン
途中からかなり押し込まれ、逃げ切れるのも難しいかなと感じてたが、案の定セットプレーで追いつかれた。

やり方は別として逃げ切りの采配は理解できるけどさ。
点取られたのに、ウーゴを使わないのは論外というか、あの場面で使わずなぜベンチ入れたの?

アマジュンのワントップ?で勝てると思ったのか。
逃げ切りにウーゴを使いにくいのは確かだけど、追いつかれた以上出すべきでしょ。

結局のところ、現段階で流れを変えるだけの戦術的幅がない。
同じタイプばかりの弊害か、ツートップとかシステムチェンジもできない。

前田もイッペイ君もベンチにいるだけ。
マルちゃんと学は多少悪くても絶対変えない。
それだけの信頼と一発の力を秘めているからだが、渓太も含めてチャンスがない。

であるなら、最後のGKと1対1のチャンスは絶対学は決めなきゃ。
優勝しようとするなら劇的な勝ち方が生まれないといけないし。
というか、ここで決めるのがキャプテンやろ

首位の鹿島は最下位の新潟相手とは言え、2点差をひっくり返した。
今のマリノスでは恐らくできない。

逃げ切るのだけではなく、追加点を奪って広げるような勝ち方ができないと優勝できないのかもしれないな。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ユースから3人昇格 早くも楽しみ

山田くん 堀くん 西山くん昇格おめでとう!!
ユースから3人昇格とは久々。陽介・アーリア・田代以来かな
プレミアリーグ苦戦しているけど関係ないのね。

山田くんはタイ遠征やルヴァン杯で見せた実力は本物
堀くんは期待のウイングでありパワフルキッカー
西山くんは意外というか正直知らない。

去年も吉尾のこと良く知らなかったけど実際見て納得したし、選んだ目に狂いはないはず。
現時点での知名度はあてにならん。
バルサの下部組織に合格したという噂のユ・ジハくんは枠の問題か昇格しないみたいだし。

ただ、若干気になるのは背の低さ(ホリケンくんもだが)
西山くんはCBでなのかな?
それともボランチとか他が実はベストタイプなのかな。
実際プレーするところを見るのが楽しみ。

残念ながら今回昇格を逃した他のメンバーも成長して帰ってくる日を待ってるよ。

P.S 新井 怪我で長期離脱
名古屋で試合出れてたから残念やな
ボンバーや勇蔵の後釜になれると信じて待ってる。

とにかくジックリでいいぞ
復帰までの道のりは様々な困難あるだろうが焦るなよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

頑張れ アマジュン

マリノスが負けると聞こえてくるアマジュンへの不満
批判されるだけの地位まで来たのかという思いもあるが、アマジュンの頑張りを全否定されるのは悔しい。

まだまだ物足りないというのは確かだけど、良くやってくれてると個人的には思うんだけどね
攻守に良く走り、精度の高いパスを繋ぎ、ゴールも流れの中から決めている。

監督がトップ下に何を求めているのか。
そこがずれているから不満が出るのかな。

テクニックならバブだけど、チームとして上手く回せるのはアマジュン。
現状バブは点取りに行く場面しか起用しにくいよ。正直。

そして少なくとも、監督は前任者のプレーは求めてない。
だから、前任者と同じプレーを求めるな。

アマジュンにはアマジュンの良さがある。
そこを見ようとせず批判するのはやめよう。いつまでも未練がましい。

もちろん、セットプレーに関しては、前任者と比べられるのは仕方がない。
戦術関係ないからね。

ぶっちゃけ、前ほどは期待できないことは否定しない。
ただ、比較対象が世界随一の選手。今までが異常すぎんだよね。
代表ですら未だに穴を感じさせるわけだしさ。基準がおかしいだけで、そんなに悪くはない。

それにターゲットマンが弱くなっているのも原因。
去年はマチ・ファビ・下平と空中戦強いのがスタメンに複数いたけど、今はボンバーぐらいしかいない。
松原・扇原・ミロシュはデカいけど強くない。
ここ数年囮役だったボンバーが第一ターゲットではキツイ。

もう少し工夫した方が良いのは確かだけど、もはや武器じゃないと認識した方がいい。

とにかく今年は、学とアマジュンのチームなんだよ。
壁を乗り越えようと頑張る彼らをサポートしないでどうする。
残り9試合ここまで来たら心中する覚悟で後押ししようや。

だから、アマジュンも前を向いて戦え!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (27)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム