2017-09

頑張れ アマジュン

マリノスが負けると聞こえてくるアマジュンへの不満
批判されるだけの地位まで来たのかという思いもあるが、アマジュンの頑張りを全否定されるのは悔しい。

まだまだ物足りないというのは確かだけど、良くやってくれてると個人的には思うんだけどね
攻守に良く走り、精度の高いパスを繋ぎ、ゴールも流れの中から決めている。

監督がトップ下に何を求めているのか。
そこがずれているから不満が出るのかな。

テクニックならバブだけど、チームとして上手く回せるのはアマジュン。
現状バブは点取りに行く場面しか起用しにくいよ。正直。

そして少なくとも、監督は前任者のプレーは求めてない。
だから、前任者と同じプレーを求めるな。

アマジュンにはアマジュンの良さがある。
そこを見ようとせず批判するのはやめよう。いつまでも未練がましい。

もちろん、セットプレーに関しては、前任者と比べられるのは仕方がない。
戦術関係ないからね。

ぶっちゃけ、前ほどは期待できないことは否定しない。
ただ、比較対象が世界随一の選手。今までが異常すぎんだよね。
代表ですら未だに穴を感じさせるわけだしさ。基準がおかしいだけで、そんなに悪くはない。

それにターゲットマンが弱くなっているのも原因。
去年はマチ・ファビ・下平と空中戦強いのがスタメンに複数いたけど、今はボンバーぐらいしかいない。
松原・扇原・ミロシュはデカいけど強くない。
ここ数年囮役だったボンバーが第一ターゲットではキツイ。

もう少し工夫した方が良いのは確かだけど、もはや武器じゃないと認識した方がいい。

とにかく今年は、学とアマジュンのチームなんだよ。
壁を乗り越えようと頑張る彼らをサポートしないでどうする。
残り9試合ここまで来たら心中する覚悟で後押ししようや。

だから、アマジュンも前を向いて戦え!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

隠しきれず 見逃してもらえず

川崎戦0-3完敗
力の差歴然

耐える時間で失点し、追いかける展開でミスから追加点奪われてたら勝てるわけない。

下位相手に騙し騙しやれてたことが、川崎相手だと隠しきれなかった。
決定的ミスはこれまでも散見されてた。
相手の決定力に助けられてただけ。川崎は見逃してくれなかった。

そして、理由は個人のせいだけじゃない。
プレス、切り替えの速さ、技術といった部分での差から誘発されたミス。

去年までの川崎相手では感じなかった。
鹿島出身の鬼木さんならでは。大島選手も素晴らしかった。

我々はまだまだ完成度は高くない。
けど、伸びしろはあるはず。

スタメン争いは熾烈。
新加入のイッペイ君もベンチからチャンス伺っている。

楽観的に捉えてないが、極端に悲観もしてない。
こんなもんでしょ感もあるし、まだまだ上位食い込む位置や。
これまで積み重ねた勝ち点を信じている。

次は上位の柏
ここから踏ん張れるか。
2011年のようにはなりたくない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

勝負はここから

ようやくW杯ウィーク終了

マリノスにあんま関係がないけど、本大会出場を決めたのは日本サッカー界的には良かった

ただ、今の代表はチームとしての特別な何かはない。偶然ハマるメンバー構成ができるまで時間かかる。似てるマリノスを見ても思う。
扇原もチャンスあるかも。

一方、オーストラリアがプレーオフへ
ミロシュが抜けるのは痛い

うちに韓国代表いないから、韓国がプレーオフに回ってくれれば、おいしかったのになぁ。
まぁ韓国もおめでとう

けど、
乾くんより学、原口選手よりマルちゃん、吉田選手よりボンバーだから。
ぶっちゃけ早く終わって欲しかった。

リーグ戦は佳境 残り10試合
ずっと負けてないが対戦相手を見るとほとんどが中位以下。

まだ鹿島、C大阪、柏、川崎と上位勢との対戦は残されてるし、曲者も多い。
真の実力が試されるのはまさしくここから。

首位鹿島と5差
ラスト2節でひっくり返せる差だけど、首位が首位だけに一気に離されかねない。

まずは、直接対決までに勝ち点3差。
一喜一憂しすぎることなく、そこを目標として直接対決で勝てるチームでいたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

シブトク つよく 完封勝利

東京戦1-0勝利!!
暫定2位浮上

このカードといえばお馴染みの1点を争うゲーム展開
世間では塩ゲームと呼ばれるようだが、関係ない。

歴代脈々と受け継がれる守備力があるからこそできる。
今年も大幅に最終ラインは入れ替わったってもそこは変わらず。

これで5試合連続完封。
安定してJ1で戦えるのもこの守備があるから。
やれるもんなら、やってみろ。

まぁ、高萩選手が1対1になった場面はさすがに失点を覚悟したし、中島選手のポストもヤバかったけどね。

とはいえ、毎年のように点が取れんからこうなるわけで…
だからこそウーゴ よー決めたっ

先発ケイマンで途中出場という形になったが、夏の時期はこれでいいのかな?
スリム化もあり、交代カードで点取りに行ける選手も他にいないし。

けどまぁ、色々FWに求めすぎだな。
ケイマンが結局頑張るけど、ゴールから遠い場所でばかりで仕事してる。
出てきた当時を考えると、もっとやれると思うから…

頑張りのおかげで周りや守備陣を楽にさせてるのは確か。
だけど、彼自身の可能性も狭めてる気もしてきた。

センセーショナルな一撃を見せたデビュー戦の相手はFC東京。
もっとやれるはず。

勝負はここから。
少数精鋭なんだし、控えも含め全員の力が必要なんや

P.S ナオ わざわざ来てくれてありがとう。
ピッチで会いたかったのは、こちらもだよ。
天皇杯でと思ってたら、敗退してたのか。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

下向く必要性はない

0-0引き分け
監督解任ブーストでまたしても連勝止められる

正直、今の実力や最近の試合内容で、そうそう勝ち続けられるわけがない。
勘違いせず謙虚に戦っていきましょう。

別に悪くはなかったので、決して下向く必要はない
ここ数試合の中で一番守備は安定してたし、ピッチ条件悪くピリッとしなかった攻撃も進むべき方向性に沿うスタイルは見せた。
キャプテンが元気なかったのが気がかりだが…

とりあえず、孝行さん率いる神戸は意外と手ごわかった。
最後はやらせないぞという気迫と集中した守備を前に崩しきれず。

監督代行でできることはこういう所。最低限のことは徹底できてた。
OBはすべて将来の監督候補なんで、今後も気にかけてます。

まぁ、攻撃面では全く手つかずなのかポドルスキ選手が怖さ無し。
絶対出せっていう圧力あるだろうし、まだ見切る時期じゃないとは言え、千真と被りまくって尚且つ地蔵。
喜田も良く止めてたとも言えるけど、そこまでケアせずにマチ先発でも良かったかな。

勝てば2位だったが、勝てずに5位転落
またしても大事なゲームで勝ちきれず、殻破れず

とはいえ、首位鹿島とは勝ち点差5。1差に4チームがひしめく混戦
良い位置はキープしてる。

勝てば良しな考えでは最後までは無理。
絶対息切れする
一つずつ良くなりながら勝ち点と勝ち星積み上げていきたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (28)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム