2017-07

待ってましたよ アマジュン 

FC東京戦 1-0勝利!!

ここで勝てたのは非常に大きい。
1週間試合ないだけで長く感じたけど、マリノスが勝ってホント嬉しいね。

【大久保選手に助けられた…】
毎度ながらの1点勝負になるこの対戦カード。
いつもより塩分控えめなれど、今回もたがわず固いゲーム。

全体的に攻めていたのはうちだったが、シュートまでは中々行きつくことができず。
逆に、決定機そのものは東京の方が多かった。
大久保選手がブレーキだったから助かったが、ひとつでも決められていたら負けてた。

なんやかんや、そんな感じで試合しているうちに残り時間わずか。
このまま引き分けかと思ったところで、アマジュンの右足炸裂
良く決めた。

【アマジュンのトップ下】
去年とは打って変わって監督の信頼が厚くスタメン出場は続いたものの、低調なプレーが多かった今季。
気合が空回りしたのか、熱くなりすぎて悪態をつく場面も…
ボランチを外されてどうなるかと思ったが、目に見える結果を久々に出した。

あまり動かないウーゴのワントップを成立させるうえで、トップ下としての役割は結構大変
裏のスペースに走り、限定守備をして、中盤のつなぎにも参加しつつ、攻撃のタクトをふるう。
まだまだ攻撃に絡む数に物足りなさはあるが、最低限のタスクはこなした。
バブンスキーとの競争・使い分けは今後の楽しみ。

【シンプルな反面単調さも…】
ウーゴに向けてサイドからクロスというシンプルにすることで各々の役割・考え方が整理されたことでチグハグさはなくなった。
ただ、その反面単調になりこの試合も途中から手詰まりになった感は否めない。
早くも研究されたら…の雰囲気は漂う。

そして学の右サイドは良さを活かしきれてない感もある。
時間が解決する部分なのか。

ボランチコンビが安定してきたので、また一気に悪くなるとまでは思わないが、完成度をより高めていかないと上位にはくらいついていけない。少しづつ進めていけるか。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

そろそろ気合い入れ直しますよ

川崎戦後麻生での練習試合も行けず、代表戦も燃えず。
ちょっとサッカーモードから離れてたのでFC東京戦に向け気合い入れ直しますよ。

まぁ代表も見てないわけじゃないんですけどね。
ミロシュの豪もブラジル戦途中からだが、特に目立たず、失点ばかり。
彼が一番ロシアに近いので頑張って欲しい所。
次に、松原、扇原、学って所だろうけど、可能性低いかな。

一方、マリノスはここから真価が問われる。
学が左から外れたが、果たして右のままでいいのか。
ミロシュ帰ってこない間、課題のビルドアップどうする?
鍵を握りそうな下平の状態はどうなの?

今まで中断明け急激に良くなった試しもない反面、一度負けなくなると長く続く。
過大な期待はせず、次の中断前最後の広島戦までとりあえず見守る。

正直、自分の中で監督への信頼度は変わってないからね。
良い意味で予想を裏切って欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ちゃんと勝った

川崎戦2-0勝利

戦前の予想では厳しい戦いが予想されたが、蓋を開けてみたら最初から最後までほぼマリノスペース
今日のゲームはうちが勝つべくして勝ったといえる。勢いとか運とかじゃなく、ちゃんと勝ったというのは久々。

もちろん川崎のコンディションが悪いというか、フィットしない家長選手に執着しすぎたせいか、いつにもなく怖くなかったのは確か。いつもなら嫌なスペースに縦バスをガンガン入れられる所だがほとんどなかった。

ただ、川崎の状態を考慮したとしても選手・スタッフ一同良くやってくれた。

前半から受け身に入ることなく、清水戦で良かったマルちゃん左サイドからのクロスでウーゴをシンプルに繰り返し、そのパターンで先制点。

守備面ではマチ
扇原とのコンビも含め、中盤の安定感は抜群。
久々に安心して見ていられたよ。マチの復帰は本当に大きい。

そしてケイマンも復帰の狼煙をあげる追加点。
4万超の試合で久々に勝てたし良かったよ。

今日負けてたら首位と勝ち点10差。
瀬戸際を踏みとどまった。

5節のC大阪戦から最悪な内容が続き、途中三連敗、2週間前同じ場所で仙台相手にボコボコにされ、ルヴァン杯負けらんない試合を敗北で予選敗退。
我慢も限界を超えていた中での勝利。
とりあえず、Xデーは回避ですかね。

それにしても今年はテレビ放送試合に強い。
tvkさんまた宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

勝負所の試合じゃないの?本気度を疑う

ルヴァン杯広島戦1-2で敗れる
絶対に負けられない試合を落とし、予選グループ敗退

先制を許し、仲川のゴールで同点も、ミロシュ投入が仇となり逃げ切れず。
内容は悪くはなかったが、決めきれなかった事が最後に響いた。

これで今年のルヴァン杯終了。
シーズン前はカップ戦タイトルと言いながら、予選敗退。
今年は3位までチャンスがあったのに…

正直、どこまで本気だったのか?
リーグ戦に出ている主力組とハッキリと分かれたメンバー構成。
勝負所にも関わらず、ベンチにユース、バブのボランチにミロシュのSB起用。

若手に多くの実戦経験を積ませる意義や連戦対応というのもわかるが、本気度という点で疑わしい。
もちろん勝負にいった学の投入(おそらく再発やろな…)で、空気を変え同点に追いつかせたけどさ。
試験運転・練習試合感がどうしても否めない。

今シーズンの全てが決まるといっても過言ではない大事なウィーク
だと、思っているのはコチラだけなのか。
ルヴァン杯せめて今日は全力でいかなきゃいけないんじゃないの。

進退懸けて臨んでいない。余力を感じさせる采配。
3年目でこんな内容と結果で先があると思ってんの?
目の前の結果に貪欲に求めろよ。そういう年だろ、今年は。

フロントはどういうタスクを監督に求めているのか。
降格しなければいい?若手が試合に出てればいい?
舐めんなよ。

リーグ戦最大の山場 川崎戦
ルヴァン杯敗退した以上勝利を強く求める。
何が何でも勝つという姿勢を試合開始から頼むよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

怪我の功名

清水戦3-1勝利!!
日本平はやっぱり相性抜群

ようやくウーゴの使い方がはっきりした。
サイドから速いクロスを徹底的に放り込む。
点を取りたきゃエースに戦い方を合わせるのが一番だよ。

ポストプレー下手やし、シュートモーション大きすぎだけど、クロスの入り方が上手いとは感じてた。
けど、うちの両翼クロスあげないしなぁと思ってたが、とんだ勘違い。
マルちゃん左だとこんなにシンプルにクロスあげるのね。

学の怪我によるポジションチェンジが功を奏す。
ただ、左に入るのは、たまにやっているのに何で今まで気がつかなかったのか?

恐らく、カイケも伊藤翔もGKとDFの間に突っ込むのイマイチだから。
先発の伊藤翔のままなら分からんかった。
伊藤翔が怪我?で早い段階でウーゴが出れたことが、これまた功を奏した

とにかく今日のマルちゃんの変貌ぶりには驚き。
無駄なプレーがほとんど無し。

理由は左だから?本人の考え?監督の指導?
もっと早くに気がつかなきゃ。
もしかしたら、相手が清水だからかも知れないけどさ。
(何でうち相手に空中戦勝負挑むのか?)
マルちゃんが左ならマツケンの良さ(ナイスゴール)も生きるし、使うべきだよ。

まぁ、試合全体はお世辞にも良かったとは言えない。
アマジュンをボランチから外しトップ下に変えたが、中盤の構成力改善という根本的な問題が解決したわけでもない。
ただ、エースの使い方がはっきりしたことで、最悪の状態から脱した感も。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (196)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (19)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (2)
マリノス 補強・契約 (40)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (52)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (5)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム