2017-09

相手のミスに助けられた形だが

札幌2-0勝利!!
2連勝そして11戦負け無し。
ついに3位浮上

勝ち点40に到達したし残留確定
ざまぁ見さらせというのはまだまだ早い。
シーズン前の悔しさを晴らしていくのはこれからじゃ

とは言え、きょうは運の良い勝ちやった。
2得点とも相手Gkのミス(2点目は特に)やし、内容も今ひとつ。
退場して10人になって楽させてもろうたし。
引き分けた試合の方が出来良かったぐらい。

久々スタメンのウーゴや喜田が特別良かったわけじゃない。
途中交代組はチャンス作るも決められず。渓太おしいっ
キャプテンは北の大地でも…

完成度はまだまだでも、この位置
伸びしろは計り知れない。

とは言え、運だけで勝っているわけじゃない
知らぬ間に負けない自信や凌ぐしぶとさは付いてる。

本物の力に変えて、上位食らいついてくぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

戦力のスリム化

まずは天皇杯。
次の相手は広島に決まった。
監督交代があったが、相性そのものは悪くない。
ルヴァン杯の借りを返したい。

あの時より、扇原・山中の新戦力が中心選手としてプラスαをチームに与えることで強くなった。次は勝つぞ 絶対に。
とりあえず、扇原についてはこのブログでも多々触れているので今回は割愛するが、山中も期待以上。

攻撃力があるのはわかってたが、とにかく手札が豊富。
だから学でもマルちゃんでも吉尾でも上手くコンビネーション取れる。
さすが若年層の日本代表に選ばれ続けただけはある。
課題の守備面も破綻したシーンもほぼ見かけない。
復調してきた下平が出番ないのも仕方ない。

ルヴァン杯敗退した今、高野も甲府へレンタル移籍を決断したのは良い判断。
山中とタイプ的に被る上にレベルが劣る。ただし、J1クラスにある程度は通用する事はルヴァン杯でもハッキリしてる。足りないのは経験。

今までは一年目からレンタル修業はなかった。フロントは未来を考えて動いてる。
戦力をスリム化することで、使われずに腐らせることを防ぐことにつながる。

もちろん、賢星のようにマリノスの練習から積まなければならない課題がある場合、簡単に外出せない。たまに試合出ても消えてるだけじゃ無理な話。
ようやく外に出してもやってけるだけの状態に成長したから賢星も岐阜にレンタル移籍できた。

レンタル借りパクの恐れはあるが、見極めて成長のチャンスを与えるべき。
今年は上位にいるからできる面もあるだろうが、この方針は賛成だ。

前統括本部長の時代は、ズルズル腐らせたパターン多かった。若いうちに試合で色々経験させた方が成長速度も変わる。

とか言ってたら、新井も名古屋へレンタル移籍。
風間さんのサッカーは特殊とは言え、名古屋は迷走してる。
シーズン前取った新外国人は外れ、残留した生え抜きも捨てる。
あの方は相変わらず何なんだろう。

新井の入団経路はハッキリしてる。
合うか合わないかはやってみなきゃわからんが、良い経験になるはず。
ただウチと求めるサッカー違いすぎて帰ってきた時どうなんだろ?

若干出しすぎな感は否めないけど、何とかなるやろ
みんな頑張れ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ドロー沼脱出成功

新潟戦2-0勝利!!
前半戦痛い引き分けを喰らった相手に手堅く勝利をもぎ取る。
下位相手のドロー沼からようやく抜け出す

2試合連発のマルちゃんにアマジュン。
特にアマジュンはゴラッソが続く。

やっぱり、アマジュンはトップ下の方がいいね。
ボランチだと何かもう一つ。きょうもあんまし…
可能性の一つとしてありかと思っていたが、もうないかな。

というか扇原はなんでベンチ?
前半今一つだったのは前節の反省活かしてスローに入っただけじゃなく、扇原不在も理由の一つ。
新潟が積極的だったのも差し引いてもあまり良くなかったかな。
後半新潟落ちたのは予想通りだけどさ。

そして、当然気になるのは、ケイマン途中交代扇原によるワントップ前田?
ウーゴの処遇が…
ストライカーとしては「何で俺を出さんのや」というウーゴの発言は頼もしいが、そこまで言えるほどではない。

ただ、ケイマンは潰れ役やって周りが活きる反面シュートを打ててない。
マルちゃんのクロスにニアで飛び込んでこない時、ウーゴならと思うのも事実である。
中3日札幌戦のために温存したと思って、ウーゴの爆発に期待する。

ケイマンだって勝負強さをもったストライカー
形は違えど、点取るスキルはウーゴに本来引けを取らない。
エゴなプレーも時に見たい。

競争がいい方向に向かって欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

月日が経つのも早い 

8月4日を迎えた。
偉大なる背番号3が天国に旅立って6年。
気が付けば、あの時のマツの年齢に近づいてきた。

マリノスで共にプレーした経験のある選手もずいぶんと少なくなった。
マツのことを慕っていた後輩もベテランと呼ばれる年齢に。
つい先日もナオが今シーズン限りでの引退を発表した。

ナオは自分がマリノス熱が再燃した頃にユースから昇格した選手。
在籍2年半ほどで、由紀彦と交換トレードみたいな形でFC東京へ去ったが、個人的に思い入れは強い。

軽やかで躍動感あふれるスピディーな突破と鋭いシュート。
特に2009年のプレーは素晴らしかった。

サポの思いを託されて強くなる
そんなことをさらっと言える人柄にも惚れる。
プロの選手はこうであって欲しいと思わせる。

ここ数年は怪我で出場ができていなかった。
今すぐ引退するわけじゃないんで、もう一度公式戦で戦う姿を見せて欲しい。

改めて、月日が経つのも早いなと思うばかり。
マリノス取り巻く環境も規模も大きく様変わりした。

昨日、新潟キャンプに参加したイッペイ・シノヅカ選手が加入。
シティの情報網や動きがあってできる獲得。

篠塚一平表記じゃないのでロシア籍なのかはわからないが、中学まで日本にいた選手なので枠の方は問題ないなかな。
スピード感のある攻撃的な選手ということで、期待したい。

これでマルちゃんに一平ちゃん。
麺つながりでなにかできたら。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

勝たなければいけない試合

清水戦2-2引き分け
勝たなければいけない試合だった。

セットプレーから失点したとはいえ、今シーズン最高の前半といっていいぐらい。
清水の右サイドをズタズタに引き裂いた複数が絡み合う攻撃。
そして、ケイマンも周りを上手くいかし、攻撃の幅を広げる。
合宿の効果は見えた。

ただ、前半終了間際のPK失敗が…
決まって入れば楽だったのにといった気持ちが時間が増すほどに焦りを生む。

「キャプテンに決めてほしい」
本人だけでなくマリノスに関わる全ての人たちの思い。その思いの強さが…
そのまま普通に2-1で折り返したら違っていたのかもしれないなぁ。

結局、前半飛ばしすぎて後半足が止まる
特にマチがガス欠してミスが増えたあたりから失速、そして失点。
さらにマチが退いた後は、攻守ともにバランスを崩した。

交代出場した2人も、ウーゴは消えバブはパスの精度を欠く。
決勝点は奪えず。

学が決めて勝てば、中断空け最高のスタートを切れた試合。
俄然追撃態勢に勢いついたのに…

広島戦に続き、失った勝ち点2。
今後間違いなく響いてくる。

とにかく学が決めて欲しい。
そろそろ そろそろ そろそろ なかなか出ないけど、信じるしかない
少なくとも残り試合5~6点ぐらいとってくれなきゃ、シャーレなんて無理だから。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

シュナウザーKEN

Author:シュナウザーKEN
横浜F.マリノスの試合ほぼ全てを辛口レビュー。
選手補強についての感想も。

最新記事

カテゴリ

マリノス (198)
2011年 リーグ戦 (26)
2011年 天皇杯 (3)
2012年 リーグ戦 (35)
2012年 ナビスコ杯 (4)
2012年 天皇杯 (7)
2013年 リーグ戦 (41)
2013年 ナビスコ杯 (9)
2013年 天皇杯 (10)
2014年 ACL (8)
2014年 リーグ戦 (36)
2014年 天皇杯 (2)
2014年 ナビスコ杯 (4)
2015年 リーグ戦 (33)
2015年 ナビスコ杯 (6)
2015年 天皇杯 (6)
2016年 リーグ戦 (37)
2016年 ルヴァン杯 (10)
2016年 天皇杯 (5)
2017年 リーグ戦 (27)
2017年 ルヴァン杯 (8)
2017年 天皇杯 (3)
マリノス 補強・契約 (43)
EURO2012 (2)
奥大介 (2)
松田直樹 (6)
狩野健太 (3)
小野裕二 (9)
ドゥトラ (2)
ユース・アカデミー (3)
Jリーグ (53)
日本代表 (41)
ロンドン五輪代表 (13)
年代別代表 (6)
なでしこJAPAN (2)
スタジアム (21)
その他 (7)

最新コメント

記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム